スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒野の千鳥足/最近の読書

仕事にて、近日連続でキチガ――常識が通じない人達に当たって、ちょっとダウナーな管理人です。
相変わらず映画ばっか見てる毎日ですが、本も読んでます。ゲームもしたいんだけどなぁ……

【伝説の不快映画「荒野の千鳥足」がすごかった】
1971年の公開後フィルムが行方不明になり、長らく見ることのできなかった幻の映画が40年の時を経て復活!
公開当時ロジャー・エバートやマーティン・スコセッシが「ヒドいけどスゴい」と賛辞(?)を贈っていて、個人的にいつも参考にしている映画評論家の高橋ヨシキさんや宇多丸さんが昨年のベストテンに上げていたりしたので、公開には間に合いませんでしたが、昨日DVDで観ました。

荒野の千鳥足《痛飲エディション》 [Blu-ray]荒野の千鳥足《痛飲エディション》 [Blu-ray]
(2015/02/04)
ドナルド・プレザンス、ゲーリー・ボンド 他

商品詳細を見る

オーストラリアの僻地へ左遷させられている、しがない小学校教師が、旅行の途中で立ち寄った町でビール攻めの歓待を受け、徐々に思わぬ世界へとのめり込んでいく…
いや、スゴかったです。名優ドナルド・プレザンスの怪演が見れるというだけでも一見の価値があると思います。「ヤバに飲み水はない!」
で、前評判通り一番スゴかった&不快だったのはカンガルー狩りのシーン。犬に追わせるわ、自動車で追い掛け回して轢き殺すわ、無防備なところを的にして笑いながら撃ちまくるわ、挙句に相撲を取るように組合って直接ナイフで首を掻き切るわと、要は、酒に酔ったバカどもが動物をいたぶり殺すシーンは延々と見せられるわけです。しかも明らかに本物を相手にやっている。なので「映画としては傑作だけど二度は見たくないな」と思ったのですが、劇終後にテロップが……

プロデューサー注釈

カンガルー狩りのシーンはプロのハンターによる実際の狩りの映像である
カンガルーは絶滅を危惧されている
そのため豪州及び英国の動物保護団体と相談し、ノーカット編集にした

〈原文〉

要はフッテージとドラマ部分をつなぎ合わせて見せていたわけで、かつ、動物愛護の精神・意図(乱獲の阻止するため)があるからこそ、あえて残酷な映像を使用したということだそうです。動物虐待映画かと思ったら、むしろ逆で愛護運動の一環を担っている映画だったわけですね。
うーん、そう考えると、テーマ性と密接に関わっているとは言え実際に殺している、こちらもオーストラリア映画「WALK ABOUT 美しき冒険旅行」のほうがよっぽど悪質かも。
あ、「美しき冒険旅行」は素晴らしい作品で、個人的にも大好きな映画です(困ったことに)。先日、荒野の千鳥足と同企画で発売されたブルーレイ買いました。
というわけで、自分のような動物愛護の精神あふるる心優しい人も安心して(?)ご鑑賞いただけます。
あと「美しき冒険旅行」に関してもそうですが、ボカシが一切ないのが素晴らしいですね。


【今年に入って読んだ本】
実は、今年は長編小説を一本書き上げる!という目的を立ててまして……それに合わせて読書強化年間と銘打ち、どしどし読んでいく次第です。ここ2年ぐらい「指輪物語」でお腹いっぱいで、ロクに読んでなかったからね。
んで、いまのところ読了しているのは、

筺底(はこぞこ)のエルピス/オキシタケヒコ
ソロモンの偽証/宮部みゆき
コインロッカー・ベイビーズ/村上龍

たった3タイトルかよと侮るなかれ「ソロモンの偽証」は文庫本6冊分の大ボリュームなのだ!
「コインロッカー・ベイビーズ」は単行本2冊だったので、一ヶ月に4.5冊は読んでいる計算なわけで、執筆やほかの趣味と合わせると上々……でもないか。
ちなみに「ソロモンの偽証」は一週間足らずで全部読みました。もともと2年前、発売当時に買っていたのですが、そのあいだに映画化決定&文庫版も発売されて……しかも映画の方は「八日目の蝉」のスタッフ再集結ということだったんで、これは観ねばいかんと。
だけど宮部みゆきファンとしてはやはり先に原作を押さえておくべきだと思い、ようやっと読み始め――ると、もう止まらなくて……寝食を忘れて読みふけったのなんて久々でした。めっちゃ面白い上に、登場人物がみんな魅力的で……正直、原作のほうに思い入れが出来すぎてしまったので、こんな状態で果たして映画版を楽しめるのか、かなり不安になっています。

ソロモンの偽証 第I部 事件ソロモンの偽証 第I部 事件
(2012/08/23)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

いや、本当にすごく良かったですよ。長いし登場人物も多いけど「模倣犯」よりもクドくないし。
個人的な感想を書くと、現代ミステリーというより良質な児童文学という感じでした。迷える中高生に是非読んで欲しい。
しかしあれですね、どうしたって「トーマの心臓」を思い出してしまう導入なんですが、宮部さん本人としてはどうなんでしょう。

で、今は続けて村上龍で「五分後の世界」読んでます。ツイッターにも書いたけど、この人本当に吐瀉物の描写好きね。面白いけど。

「筺底のエルピス」は2、3年後にアニメ化されると思う。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
クロサキといいます。以前はmorganeと名乗っておりました。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っています。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

鑑賞メーターや読書メーターもやっています。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。