スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の一曲 60

『be happy?』

Be HappyBe Happy
(2001/01/24)
愛内里菜

商品詳細を見る


超久々の今日の一曲は、愛内里菜さんのファーストアルバムからのタイトルチューン(の一対)。 アルバム自体かなり良い出来です。
まぁ、トランス系をあんまり聴かない自分からすると、大野愛果さんの美しいメロディーと九龍さんのアレンジとの組み合わせが若干「珍」に思えるところもあるのですが(笑)

当時はそこまで気に留めてはいなかったけれど、愛内さんはなかなか良い詞を書く。
タイトルチューンにしてオープニングであるこの曲はその筆頭でしょう。

僕らは庇い合うように見えて
誰もが誰かの先を急ごうとするんだ
人は一人きりじゃ生きられないと言いながらも
二人で分かち合うことさえ十分に出来はしないのに why do you we want to be happy


と、人間の業の深さ、ひいては資本主義社会において浮かび上がる負の面・・・他者との競争で剥き出しになる、個人や社会の醜さと愚かさを、的確に描き出している。
レトリックを駆使した巧みで詩的な文章ではないけれども、こういうシニカルで且つストレートな表現は、実は描くのが難しい。

それにしても、20歳でこんな詞を書いてしまうなんて・・・やっぱ芸能界って厳しいんだろうなー。
でも、愛内さんの素晴らしい点は、シニカルな目線を持ちつつも、きちんと、真摯に前を見つめていること。

この曲も

僕は僕のままで走り続けてもいいよね
生まれてきた意味を探すため Let′s lean to be happy…?


という言葉で締められる。

普通・・・というかこの年代の人が陥りがちな、いわゆる中二病的な思考(物事に対して変にシニカルで、やたらにペシミスティックな姿勢)にはなっていない。
やはり若い頃から「プロ」として仕事してる人は、成熟するのも早いんでしょう。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
クロサキといいます。以前はmorganeと名乗っておりました。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っています。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

鑑賞メーターや読書メーターもやっています。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。