スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餅は餅屋?声優業について

さっきの続きみたいな記事です。

たぶん「耳をすませば」かこの「もののけ姫」辺りから、劇場アニメのキャスティングに俳優さんを起用するようになりましたよね。
この風潮に関して、個人的には基本「否」の姿勢をとっていますが、ジブリ作品に関してはあまり違和感を感じたことないですね。宮崎さんの演出の賜物なのかなんなのかは解りませんけれども。
けれど、他のアニメ&洋画吹き替えに関しては、一部を除き「論外」のレベルだと思っています。
まぁ、選ばれた本人の方々はそれぞれ、仕事として一生懸命やっているのでしょうけど・・・一日二日でアフレコ技術をマスターできるんなら、誰でも声優になれるっつの。

声優は俳優です。
しかし俳優は声優なのか。

上に書いたとおり「もののけ姫」に関しては、個人的には特に文句はありません。アシタカ役の松田さんはハマり役だし、サン役の石田さんも拙いながらに奮闘してる。エボシ役の田中さん、ジコ坊役の小林さんも上手いし、モロ役の美輪さんと乙事主役の森繁さんはキャリアに裏打ちされた貫禄が技術云々を超えた存在感を放っている。
けれどやっぱり、数々の経験者であり本職である島本須美さんの演技は、台詞の一つ一つのニュアンスや情報量が全然違う。
これは声優さんたちが長年自身の経験・訓練で培ってきた、芝居を「声だけで表現する・伝える技術」があるからに他ならないからでしょう。
同じ「演技」でも、映像では映像での技術、舞台には舞台の技術が必要なように、声優業にも、必要な技術というものがあるのです。
どっちが上とか下とかではなく、職業・経験者としての向き不向きは、それぞれのフィールドごとに、厳然としてあるはずです。
もちろん俳優さんごと、作品ごと、役ごとに、それぞれに例外はありますので、頭ごなしに「他の活動をしちゃダメ」と言うつもりはないし、大人の事情も多分にあるのでしょうけど、最近の製作者及び広告責任者にはその辺のところもう一度考えていただきたいですね。
ああ、愚痴になってしまった。しかも偉そうな評論口調。

それと各所でよくお見受けする「声優は大げさな喋り方、あるいは萌え演技しかできない」というのは間違いです。
声優さんたちがああいった喋り方をするのは、台詞に立体感・臨場感を持たせるための技術・手段にすぎません。
萌え演技や声質にしたって、消費者のニーズに合わせた演技をプロとしてこなしているだけ。
そういった演技ばかりしていて、それがクセとして残ってしまうということはそれぞれにあるでしょうけれども。
ああ、あと「俳優が声優業をしてはいけないなら、声優も歌手として作品を出すべきではない」とかいう意見もたまにお見受けしますが、これにはアホらしすぎて答える気にもなりません。
「声優がむやみに表舞台に出てくるべきではない」といった意見には半分賛成ですが。

ちょっと話は変わりますが、私が理想とするキャスティングとして、アニメの「蟲師」でのキャスティングが挙げられます。
「蟲師」の主人公ギンコは俳優業を中心として活動している中野裕斗さんが演じています。
中野さんの声優としての技術は、本職を中心に活動している方に比べると、あまりありません。なので台詞が若干拙く聞こえます。けれどもその拙さが、ギンコというキャラクターにみずみずしいまでの命を与えています。
「蟲師」はアフレコに他のアニメの倍以上の時間を費やすらしいので、その恩恵も多少はあるのかもしれませんが、こういった例は「蟲師」だけではありません。だから私は、「声優業は声優以外はやるな!」とは言いません。(「ゲド戦記」での田中裕子さんのクモは圧巻でした)
「蟲師」では他の全体の配役に関して、ベテラン・若手・子役まで幅広い世代の声優が垣根なくキャスティングされています。
その、キャスティングされている若手声優の中には、他のアニメ作品では「萌え演技」をしていたり、一部では「アイドル声優」を揶揄されている方もいます。
けれど、ベテランの方も若手の方も、他のアニメ作品で披露しているような「大げさな芝居」「萌え演技」とは違う、アニメの雰囲気に合った抑制された演技で見事にキャラクターを表現しています。
柔軟に芝居を変え、他作品と違った技術を用い、プロとして製作者の要求に応えているのです。
配役をきちんとする製作者側の尽力と、役柄を表現できる俳優の力があれば、作品としての一面のクオリティは保障されます。
アニメ「蟲師」はキャスティング面においてだけではなく、あらゆる面で奇跡に近い完成度を持っている傑作なので、未見の方は是非どうぞ。

アラ、ワタクシったら。読み返してみると口が悪いワ。疲れてるのかしら。
不快な気分にさせてしまっていたら誠に申し訳ありません。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - 円山 - 2010年01月09日 04:57:49

いやぁ僕も「蟲師」は現時点においても日本のアニメの最高峰だろうなと。
徹頭徹尾、見事というしかないです。
大好きですね。

逆に言えば今のところ「蟲師」ほどのクオリティを最後まで保てたアニメがないのが辛いところですね。

「もののけ姫(映画)」に関しては個人的には「コミック版ナウシカ」の延長線上の作品として捉えています。
この辺は鈴木氏のアイデアでしょうかね。

「もののけ姫(絵本)」が後の宮崎駿アニメの原典のようになっているのにも、
ジブリが宮崎氏のワンマンではなく、
それを土台にした鈴木氏のプロデューサー的観点の小出し気質が現在のジブリを形成したと思っています。
つまり宮崎作品を「大衆化」したのは鈴木氏なんですよね。

「もののけ姫(映画)」の声優キャスティングに関しても宮崎氏はほとんどノータッチだったのではないかな、とか。
宮崎氏の中では既に終わっていたものを、作り直すモチベーションを保つには異物感が必要だったのかななどと邪推しています。

ガンダムの富野由悠季氏も言及しているとおり、宮崎氏だけではジブリはここまで拡大することはできなかったでしょうね。

これは個人的には富野氏にとって宮崎氏への最大級の賛辞だと理解しています。

富野氏は宮崎駿氏と高畑勲氏に対しては賞賛を惜しみませんし。
特に宮崎氏に対しては自分が宮崎氏ほど絵が上手くないことからか対抗意識も丸出しですが^^;
個人的には富野氏の絵の上手さも壮絶だとは思いますけど。

逆にまだ自分の敵になってくれないような監督の作品は適当に褒めているだけの気もしますね。

富野氏には宮崎氏にとっての鈴木氏のような方がいなかったから、もっと違う活動をやれているのだという歪んだ自負があるような気がしていますの。

当然それに対する嫉妬もあるでしょうが^^;
だからこそスタジオワークス体制でも俺は負けないぞという矜持も感じますね。

長文失礼いたしました。

Re: No title - morgane - 2010年01月09日 07:17:39

いらっしゃいませ、円山さん!
コメントありがとうございます。

蟲師はもう・・・本当に凄いとしか言いようがないですよね。
もともと原作のファンだっただけに、初めて鑑賞した時の感動・衝撃は、我が事ながら計り知れないものでした。
原作を超えているとすら思いましたね。変な話ですが。
長濱監督には、是非とも二期を製作してほしいところですね。スタッフの方々が過労死しないか心配ですけど(^_^;)

円山さんのおっしゃる通り、宮崎作品が大衆化されたのは鈴木プロデューサーの手腕によるものだと思います。
もちろん作品自体の素晴らしさもありますが、今現在「ジブリ」が唯一無二のブランドとしてあるのは鈴木さんがいたからこそでしょうね。
キャスティングに関して監督がノータッチだったのでは。というのにも、同感です。その辺りの意向は常に鈴木さんに一任されていたのではないでしょうか。
私は、宮崎監督が度々発言してきたとされる「声優の演技は娼婦の喘ぎ」「芝居にリアルさがない」といったコメントは、後追いの言い訳若しくはデマにしか過ぎないと思っています。というか、そうであってほしい!(^_^;)
鈴木さんは一部のファンの方からは、蛇蝎のごとく嫌われているようですが・・・・個人的には昨今の、「アニメ作品に俳優を起用する」風潮を作り出してしまった人という面では、好きになれない方ではあります。まぁ、実際に、もしくは一概に鈴木さんのせいなのかどうかは解らないのですけど・・・
映画もビジネスですし、話題作りや予算確保も確かに重要ですが、それによって作品の質が落ちてしまったら、本末転倒だと思うんですよね。ミーハーな外野の意見なんでしょうけれども。

私はまだ「ZZゼータ」を視聴中の身で富野歴(?)は浅いのですが(ガンダムも面白いけど早くイデオンが観たい!)、富野さんが本当に賞賛している方って確かに少ないように感じますね。私の知っている範囲だと、安彦良和さんや千住明さん菅野よう子さんなど、スタッフ一人一人の能力を認めてはいても、同じ劇作家として、監督して、本当に認めている・ライバル視している方となるとほんの一握りなの・・かな・・・。
うーん、今の私が何を書いてもシッタカな内容になりそう(^_^;)早くほかの作品も観たい!

個人的には、宮崎さんも富野さんに関しても、とにかく末永く作品を発表し続けてほしいと願わずにはいられません。

No title - 円山 - 2010年01月10日 01:44:23

イデオンは僕は大好きな作品なんですが、
本当に賛否両論って感じだと思います。
というか好きという言葉は適切ではないかもしれないです。

「怖く、そして壮絶だった」という感じでしょうか。

個人的にはアニメSF映画としての作画のスケール感は。

「オネアミスの翼」
「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」
「伝説巨神イデオン -発動篇-」

この3巨頭かなと思っています。
ちなみに僕もアニメやゲームで声優以外の方の声を採用するのは好きではないです。

上手くキャスティングが出来て、
キャラと声がしっかりとマッチして
さらに演技力もある場合って本当に稀ですしね。

声から動きや表情が伝わってくる。
違うジャンルの人が声優をやるのと、
声優さんが俳優や歌手をやるのとは実はベクトルの違う問題なんですよね。

大抵の場合、話題性が先走りしますし。
キャラの向こうに知っている人が透けて見えちゃうと興ざめしますし。

Re: No title - morgane - 2010年01月10日 07:06:14

イデオン、「怖く、そして壮絶」とは・・・・うむむ。
視聴するのが、怖いようで本当に楽しみです。
あ、主題歌だけは既に何度も聴いています。歌えますw
「発動篇」のサントラ欲しい・・・

うっ、まだ「オネアミスの翼」しか観てない・・・
「マクロス」は、サントラだけは、シリーズ通して腐るほど聞いているんですけどねw
やっぱり「観たいけどまだ観れていない作品」が沢山あります、映画に限らず。
うう・・・ホント、時間とお金が全然足りない。

声優問題に関しては、本職である山寺宏一さんも、、自身のコラムで苦言を呈していました。
記事ではごちゃごちゃと書いてはいますけど、キャラクターを表現できていないような演技は、業界・大人の事情云々以前に、いち観客・視聴者として耐えがたい。というのが一番の本音です。
宣伝と広告・予算確保は映画に必要不可欠なものですが、それによって、作品の外野的なイメージが多少落ちることはあっても、作品の質それ自体が落ちることは論外であると思っています。

個人的な意見ですが、以前から、一部のバラエティ番組やこういった風潮を見ていると、声優という職業の社会的な地位の低さを感じます。
声優問題に限らず、プロフェッショナルとして日々努力している方々を侮辱しているような風潮は大嫌いですし、絶対に間違っていると思います。

- eternal road - 2017年01月15日 16:44:30

専業声優問題を取り扱ったサイトを探してここに行き着いた者です。
見て頂けるのかどうかかわからないけどとりあえず意見を書きたいので書きます。

個人的に、私の思想で言えば…
声優は専業以外やるな。それどころか、専業以外の声優は絶滅してしまえばよい。どうしてもというのなら脇役で。くれぐれも主役級にはするな。
って感じです。その思想に至った根拠を下に挙げます。

・そもそも今の声優人口が非常に多い昨今、新たに俳優が口出ししたり声優をする必要が全く見受けられない(しかも主演)
・声の表現や技術においては声優は言うまでもなく最も練習を重ねており、俳優芸人等とはまるで違う。
・上記の声の表現や技術とは画面に映ることを考慮する俳優芸人の技術(=表情、仕草、etc)とは非常に異質であり、声だけにかなり特化した表現が要求される。よって、この二つはもはや畑違いだといってよい。
・数多くの失敗例が出ている。ジブリの例を言えばマーニーや風立ちぬやコクリコやら。逆にナウシカやラピュタや宅急便に於いては声優を使った結果下手演技は見られない。
・そして成功例(ムスカとか)はごく僅かである。(百歩譲って多いとしても、声優の名演技とは比べ物にならない)

俳優芸人共の演技を見るたびに、「専業声優がやったらもっといいんだろうな…」と思えてならないのです。声優ができない演技を俳優ができるなんてまずあり得ませんし…。(=練習量が違うから)
「蟲師」というやつは知らない故、外野の私めが口出しすべきではないということは重々承知していますが、本音を言わせていただきますと、
果たしてその俳優でなくてはならなかったのか…声優ならばもっと良い演技ができはしなかったか…。彼らだって味のある演技はできるし、数(=名演技の選択肢)も多い。幅広い種類のキャラに合わせた演技もできる。
と、思います。

非常にラディカルで、しかも私めの偏見が入った長文のコメントをどうかご容赦ください。ご意見を下されば誠に幸いです。

- クロサキ - 2017年05月15日 08:57:04

Eternal roadさん、コメントありがとうございます。
そして、数ヶ月越しの返信となってしまい、たいへん申し訳ありません!

しかし、この記事からもう七年も経つのですね(遠い目)
当時とはやや見解も変わっているかとは思いますが、お返事書かせていただきます。

私も声優の仕事はきちんと訓練を積んだ方にやっていただきたいと思います。
映像とアニメーション(吹き替え)とでは要求される技術や表現力が違う……Eternal roadさんのおっしゃるとおり「畑違い」の職業だと思うからです。
もちろん広い意味で言えば、映像であっても吹き替えであっても同じ「演技」の範疇ですが、アニメーションという、とりわけ虚構性の高い媒体における演者の「声」は、本当に重要かつ繊細なものなんですよね。
発声ができていない人の声が一音でも混じるだけで、作品への集中力や没入感が削がれてしまう……

それと、職業的な面での人権問題もあると思います。芸能界の熾烈さはよく椅子取りゲームに例えられますが、これを声優業界に当てはめるとするならば、ただでさえ少ない椅子を、下手な演者に取られてしまっているわけで(それも大作映画の主役をケタ違いのギャラで)、傍から見ていても気持ちのいいものではないですよね。
まあ、広告などもふくむ人気商売と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、作品の質を落として観客に迷惑をかける戦略は本末転倒だと思います。

あと、これはネットで時折見かける意見ですが「アフレコ経験ない有名人でも土壇場でこなせるような仕事なんだから、声優なんて簡単じゃね?」という誤解が広がっているのも、いちエンタメファンとして腹立たしく思ってしまいます。
専業の方たちがTVシリーズなどで吹き替えをするのと、劇場アニメで有名人がお呼ばれして吹き替えをするのとでは、環境も体制も全然違うのに……(マイクの本数やスタジオのレンタル時間など、専業の方たちの現場はとにかくタイト)

ただ、(専業の)声優ができない演技・声優では出すことのできない味わい。というのは、私は確かにあると思っています。
その味わいが作品に必要ならば、アフレコ経験の少ない有名人・映像畑の役者の起用もアリだというのが、今の私の意見です。

最近はとんとアニメやゲームに触れる機会が少なくなってしまったので、こんなことを書くべきではないかもしれないですが、近年の若手の声優さんには「とっても器用で上手いけれど、個性に欠ける」という印象を持っています。
「声優」が若者にとっての人気の職業になり、学園ビジネスになり、「目標」になったことで(たいへん言い方は悪いですが)「大量生産」されてしまっている傾向がその原因なのではないか。と、愚考いたします。
少なくとも「声優」が「目標」ではなかった昭和初期~中期の時代に「役者」を志した方々の演技とは、やはり違うなぁと思ってしまうのです。
思いつくままに名前を挙げていくと、宮内幸平さん、八奈見乗児さん、中尾隆聖さん、若本規夫さん、内海賢二さん……この方たちのように、唯一無二の個性と魅力的な台詞回しを併せ持った「声優」はもう出てこないのか。そう思うと、「声優」の垣根を頑なに守ることは、果たして良いことなのか。という疑問に頭を悩ませている今日このごろです。

個人的に、そういったバランスが絶妙に上手くいっていたのが『蟲師』だったと思うので、よければ是非ご覧になってください。
(時間を跨いで制作された同シリーズ二期のキャスティングに関しては、もっと専業の声優を起用したほうがよかったんじゃないか。と思っていますが)

ちなみに私が「これはキャスティングミスだな」と思っているジブリ作品は『ポニョ』『コクリコ』『マーニー』ですかね。
『風立ちぬ』の二郎はあれで良いと思っていますw

最終的には取り留めのない感じになってしまい、申し訳ありません。
これからはブログも頻繁に更新できると思いますので、また遊びに来てください。

トラックバック

URL :

プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
クロサキといいます。以前はmorganeと名乗っておりました。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っています。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

鑑賞メーターや読書メーターもやっています。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。