FC2ブログ

『聲の形』に思う、自分が「許せない」もの


51mtm7G32EL.jpg

先日、映画版『聲の形』を観まして、原作漫画を読み返していました。
映画はたいへんよくできていて、とても良い意味で「別物」になっていたと思います。
山田尚子監督の繊細すぎるぐらい繊細な演出の数々、全7巻ある漫画を2時間にまとめ上げた吉田玲子さんの脚本の凄さ、声優陣の熱演……
(それと、自分は恥ずかしながらほとんど気づかなかったのですが音楽の演出もとても細かいらしいので、もっかい見返したいですね)

そして何より!

結弦が超可愛かった

b109dec2dca75a047a7c5c6fec431f3d.jpg

作画:京アニ CV:悠木碧 というトンでもないジェノサイダーです。
というか悠木碧さんて、ここまで低い声も使いこなせるんですね。
『マイメロ』の琴ちゃん、『紅』の紫、『まどマギ』のまどかを十代で演じ切っていた時点で「この子は天才だ!」と思っていましたが、早熟に終わらず順調にベテランの道を歩んでいるようで何よりです。

閑話休題(いやホントなら、結弦の画像だけ貼ってこの記事を終わらせたいのは山々なんですけども)、

漫画版も読み返して「やっぱりよく出来た作品だなぁ」と改めて思ったのですが、初めて読んだ時のモヤモヤが再燃もしまして、そのモヤモヤをブログにでも書いて晴らしておくか。と思った次第です。

この『聲の形』という作品に触れて「モヤモヤ」を覚えるのは自分だけじゃないと思います。
扱っている題材が生々しいうえに登場人物たちも一筋縄ではいかないメンツが揃っているので、不快な描写や嫌いなキャラクターが、受け手によって異なってくる作品でしょう。
受け手がそれぞれ歩んできた人生や持っている価値観を引き合いに出して語らざるを得ないというか……
そんな作品を少年誌という媒体で成功させてしまった。それが漫画『聲の形』が優れている点であり、問題作であるゆえんだと思います。

じゃあ、管理人の嫌いなキャラは誰なのか?

自分がこの作品で「嫌い」なキャラは植野直花です。
以下、なぜ自分が彼女のことを「嫌い」なのか、順を追って探っていこうと思います。

以下、漫画版の終盤の展開に触れています

スポンサーサイト



レビュー
NEXT≫
プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
以前はmorganeと名乗っていた惰弱。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っています。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
レビュー
月別アーカイブ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード