スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショックを受けたくない人たち

行ってきましたよ「食人フェスティバル」。
「食人族」はやっぱりトンでもねぇ映画だなぁとか、生の平山さんとヨシキさんが見れて感動!とか、「グリーンインフェルノ」は思った以上にコメディに振り切れていたので覚悟していたほど精神的には辛くなかったなぁ(イーライ・ロスの映画って、人物描写をしっかりしたうえで惨たらしく殺すので)。とか……
まぁ、要はたいへん楽しんだのですが、遅ればせながら知ったこの騒動↓

立川シネマシティ『グリーン・インフェルノ』予告上映取り下げについて(侍功夫)

「映画を観に行ったら不快な予告を見せられた。」この場合、映画館に対して一言言うのは「あり」なのか?(hoshinoruri16)

『グリーンインフェルノ』予告上映中止騒動にクレーマー問題は関係ない(さよたま)

(敬称 略)

経緯と結果を知って、ため息が漏れてしまいました。
いや、リンク先の方々の意見は、方向性は違えどどれも正論だと思う。
(ただ、おそらく事の発端である2番目のリンクに関しては、不快な文が多くて腰を据えて読み込む気になれない。ごめんなさい)
「客」の意見を「店」が受け容れて、ゾーニングなどを考慮したうえ判断を下し、その結果「客」の意見が通った。そういうことなのでしょう。

でもねぇ、差し替え賛成派の人たちの意見を見ていると、どうしても思ってしまう。

……みんなさ、そんなに「ショック」を受けたくないの?

どうしても自分は侍さんの文章に共感を覚える
いや、平行線だというのはわかってはいるんですよ。深夜アニメを毎期チェックしている方々と、クトゥルフを聖典にしているようなホラーファン、あるいはいわゆる一般向けの映画しか観ない。という人々は、基本的に交わることのできない、感性の違う存在なのでしょう。
何事にも棲み分けは必要だし、レイティングなりゾーニングは過激な表現のある作品を守るためのものでもある。

でもさぁ、どんなにショッキングであってもしょせんは予告編じゃん? 

そんなに不快なら目を伏せて耳をふさぐなりすればいいだけの話じゃないのだろうか。たかだか1、2分ぐらいなのに。
実際自分も、テレビ局主導の邦画の予告編の時にはそうしてますよ。たまにだけどね。
もっと言えば主にシネコンで見せられる漫才や広告、映画泥棒の映像も嫌いです。劇場側としては経営維持のために致し方ないんでしょうが……

そう思うので、わざわざ劇場にクレームを入れるっていう思考と神経は、個人的にはどうしても抵抗を覚えてしまうし、それを受け容れる劇場側にも「なんだかなぁ」と思ってしまう。
(ちなみに、hoshinoruri16さんは誤解しておられるようだが、「あり」「なし」に関わらずこういうのは「クレーム」という。要は、頭に「モンスター」が付くか付かないかの違い)

まぁ結局自分は、
「血しぶきや人体欠損が盛りだくさんの作品を幼稚園や小学校低学年の子どもがみたら泣き出すだろうし、下手すると体調不良を訴えかねない」
これの何が悪いの?と思ってしまう「間違った」人種なので、仮に議論を重ねたとしても、堂々巡りの平行線なんだろうなぁ。

……と言う、単なるボヤキ記事でした。べんべん。
スポンサーサイト
NEXT≫
プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
クロサキといいます。以前はmorganeと名乗っておりました。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っています。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

鑑賞メーターや読書メーターもやっています。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。