イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

imitation game
             
時として誰も想像しないような人物が、想像できない偉業を成し遂げる

劇中、前向きに語られる、ある人の発したこの言葉。
平易な言葉ですが、人は何を持ってヒトを「誰も想像しないような人物」と見るのか――映画を見終わったあとに思い返すと、身に迫って突きつけられます。

この『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』は、実話をもとにしたサスペンタッチの伝記ドラマ。
第二次大戦中のイギリス、解読不可能と言われたナチス・ドイツのローター式暗号機「エニグマ」へと取り組み、解読へと至った天才数学者アラン・チューリングの半生を描いています。
アカデミー賞では作品賞含む8部門にノミネートされ、脚色賞を受賞。
米国最大の映画批評サイトRotten Tomatoesでは批評家・観客ともに90%もの支持で、超高評価を獲得。
興行面でも、全国での収益は制作費に比して20倍以上の業績を打ち立て、2014年に公開されたインディペンデント映画では最大のヒットとなっています。

完全に私事でアレなのですが、最近は金銭面での問題から映画館での鑑賞を控えておりまして……いま日本ではアカデミー賞関連作が続々公開されているため、毎日歯がゆい思いで過ごしています。
ただ今作に関しては、世間的な評判に加えて、いつも信頼している批評家・ブロガーの方々からの評価もかなりのものだった――それも、それぞれに嗜好がバラバラな方たちが一致して高評価していた――ので、コレばっかりは劇場へ出向くべきだと思った次第です。

結果としては、予想通り(期待通り)の傑作クオリティだったというだけでなく、個人的にもとても大事な……ものすごく愛おしい作品となってしまいました。
今年暫定ベスト1……というより、オールタイムベスト級。

以下、内容に触れています。
本作は実話を基にした映画ですが、エンターテインメントとしても素晴らしいので、前情報なしに観ることをオススメします。 レビュー ★★★★★
プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
以前はmorganeと名乗っていた惰弱。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っていたがそれさえおぼつかず、ついには脳内キャラと対話をはじめた三十路手前底辺。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

プロフィール2

Author:ペータくん
哀れな管理人の脳内で解離した別自我。
管理人のロジャー・ディーンなアイコンとは一線を画すモダンデザイン。 冷静な突っ込みを入れるが所詮は同一人物なので、その知的レベルもお里が知れているという悲しい存在。
しかし、時折管理人とは真逆の考えを言うこともあるので油断は禁物である。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
レビュー
月別アーカイブ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード