スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新居昭乃 「水の神殿」?二人の女神、天空の歌声。

マイゴッデス、新居昭乃様のライブ「水の神殿」に行って参りました。

以下、セットリスト。

1:音叉
2:Little Wing
3:人間の子供
4:Moonlight Anthem?槐1991?
5:Trance Transistor Table Radio
6:Lhasa
7:at Eden
8:バニラ
9:ガレキの楽園
10:エウロパの氷
11:Compos Neutros
12:ルビーの月 ヒスイの海
13:mizu
14:サリーのビー玉
15:Haleakalā
16:OMATSURI
17:WANNA BE AN ANGEL
18:VOICES

アンコール
1:sailor(新曲)
2:虹


何だろう・・・あまりにも素晴らしく、逆に書くことが思い浮かばないこの感じ。


有楽町駅に着き、隣のビッグカメラを気にしつつも、すぐさま国際フォーラムへ。
外観はすっかりクリスマスムードな飾り付け。
皆さん、写真を撮っていらっしゃいました。
水の神殿があるのはCホール、迷うこなく入口は見つかったのですが、そこには唖然とするほどの長蛇の列が・・・
新居さんは、個人のネームバリューだけでいうならば、メジャーとは言い難いお方だと思っていたのですが、裏方としても長く幅広く活動しているだけあって、思った以上に知名度・人気が高かったようです。
列に圧倒され嬉しさに浸ること数分、列の最後尾を探して駆ける。

やっとこさ入場してエスカレーターに乗って二階に上がると、ひと足早く「ソラノスフィア」のDVDの物販が催されておりました。
もちろんその場ですぐにでも買いたかったのですが・・最近出費が多く、わりとジリ貧の状態だったので、来月に買うことを誓い、席まで急ぎました。

ホールに入る。綺麗。けっこうデカい。うわーお。
席に着き、待つ。ひたすら待つ。
会場から席に着いてからも、周りを見まわしておりましたが、ライブに来ている方々は、新居さんの人柄や音楽性を象徴するように、服装も上品で物腰もどことなく柔らかな方ばかりでした。
思わず自分を省みて、どことなく居心地の悪さを感じておりましたが、幻想的な舞台セットに見惚れてもいたので、待ち時間は、そんなに長くは感じませんでした。

明りが落ち、開演を告げるアナウンス。

スクリーンに映された、ぬけるような青い空の下の草原と山々を見渡す、神殿を模したセットを施した舞台。
真ん中にピアノ。周りに椅子。
水をイメージさせる、白と青の、淡い照明。
幻想的なステージに見惚れていると、手前のスクリーンが開き、ピアノの前に一人静かに座っていた新居さん。
弾き始めたのは「音叉」。

「降るプラチナ」のなかでも大好きな曲。スクリーンに映された美しい映像ともベストマッチしていて、文句ナシのオープニングでした。
新居さんの歌声は、陳腐な表現になりますけれども、鳥肌を通りこして鳥になって空を舞えそうになるほどに魅力的!
CD音源でも十分に解っていましたが、楽曲のスケールや歌唱の表現力が天上界。
最近では「歌唱技術や声量があってこその歌い手」などという声もよく聞きます。
それらは確かに重要な要素かもしれませんが、そういった技術といったものは、あくまで、表現方法の手段の一つにしか過ぎないのだと、新居さんの歌唱を聴く度に、確信させられます。

続いて「Little Wing」「人間の子供」、そして新居さんのMCが入りました。
新居さんの喋り声・・・可愛すぎます。
私、別に声フェチというわけではないんですけれども、あの可愛さには絶対に耐えられない!
MCの間中、顔をゆがませながら椅子の中で身悶えしていたアホは私です。すみませんでした。
そんなわけで、新居さんの声やおっとりした容姿に、ずっと「新居さん・・・ハァハァ!」と悶えていたのですが(下品な文面でスミマセン・・)
新居さんの口から「ぼくの地球を守って」(傑作です)の話題が出た瞬間にピクンと反応。
新居さんの「ぼく地球」関連の楽曲と言うと「Moonlight Anthem?槐1991? 」「三日月の寝台」「金色の時 流れて」「歌わないうた」など、名曲ぞろいの新居さんの楽曲の中でも特に好きなものばかり。
これは何が来ても最高だ!と構えていたところで演奏されたのは「Moonlight Anthem?槐1991? 」。
背景も青空から夕暮れに変わっていたのが、とうとう夜に。
ピアノでの弾き語りなので、原曲の音源よりもかなりシンプルな音像となりましたが、「月光」のサンプリングのところでは、幻想的な舞台と相まって、意識が飛びそうになりました。
今回のMCで初めて知ったのですが、この曲、依頼が入ってから一日で書き上げてしまったとのこと。
・・・やっぱ天才やわ。この人。
ただ、蛇足ではありますが、私「ぼく地球」の原作コミックは大好きでしたが、アニメの方は見ておらず、新居さんを知ったのは、それよりだいぶ後のことだったので、あまり「ぼく地球」の曲としては捉えていないんですよね(^_^;)。
これを機に、違う形で読み直してみようかなと思います。

続いて、ピアノからアコギに切り替えながら「Trance Transistor Table Radio」「Lhasa」「at Eden」を演奏・・・大好きな曲ばかりでホクホクしていたところで、保刈さん登場。
クリスマス使用の白いギター(らしいですw)を抱えて、客席から向かって右側の席へ。
演奏されたのは「バニラ」。
この曲は、「エデン」という、個人的な感覚で言わせてもらえるなら、甘くて温かくも、どこかひんやりとしたヒリヒリするような感触のあるアルバムに入ってる曲で、これまたアルバムのなかでは特に好きな曲。
しかもこれに続いたのは、新居さんの中でも屈指の名曲「ガレキの楽園」。
私何か良いことしましたっけ?

続いて「エウロパの氷」「Compos Neutros」。
「Compos Neutros」は正直意外でした。「水の神殿」のテーマには見事に沿っている楽曲ですが。
河井さんへの追悼の意もあるのでしょうか。

次は「ルビーの月 ヒスイの海」「mizu」「サリーのビー玉」
「エウロパの氷」からおとなしめの楽曲が続きます。
「ルビーの月 ヒスイの海」からは、「セレブ弦楽四重奏団」が参戦w
向かって左の席が埋まりました。
調子が出てきたのか、この辺りから更に新居さんの歌声がパワーアップしていました。
特に「mizu」での歌唱は、演奏と相まってとても伸びやかで美しいものでした。
音像を体現したような、淡い青色の照明もグッド!

「サリーのビー玉」が終わり(たぶん)六度目のMC。
ここでお待ちかねの柚楽弥衣さん登場!
新居さんも言っていましたが、ボブカットにモデルのような体形で、お人形さんみたい・・・そのままショーケースに入っても違和感がないくらいの美人さんでした。
こんな細い体から、果たして本当に、あんな世界遺産級の歌声が出るのか・・・とワケわからんハラハラ感を感じながら「Haleakalā」に突入。そして・・・

続く楽曲は、弥衣さんを加えての、「Haleakalā」「OMATSURI」「WANNA BE AN ANGEL」「VOICES」。
なんなんでしょうか、この方達は・・・天使、魔物、神様?
堅実かつ煌びやかな演奏に乗って舞う二つの歌声。
ピアノを弾きながら、淡々と沁み入るように、けれど存在感たっぷりに歌い上げる新居様。
スタンドマイクの前に立ち、聴く者に畏怖心さえ抱かせる声量と声質を以っての圧倒的なパフォーマンスで場を支配してしまう柚楽弥衣さん。
弥生さんの歌唱はまさに「凄過ぎて笑ってしまう」レベル。に、人間じゃねぇ・・
MCで新居さんが弥衣さんの歌声を「天から降り注ぐような・・・」と表現していました。しかしそれは、新居さん自身の歌声にも言えること。
Goddes in the morning・・・・まさに女神の共演でした。
特に凄かったのは打ち込み音も入った「WANNA BE AN ANGEL」。例えじゃなくて、本気で気絶するかと思った・・・・

前半が比較的シンプルな弾き語りの構成で良かったと思います。
全曲こんなテンションと音像でやられたら身が持ちませんw
改めて、新居さんの作る楽曲のスケールの大きさを実感しました。
それと、奥井さんのライブの時にも思いましたが、菅野さんはやっぱり偉大。

いったん退場、アンコールは新曲の「sailor(セイラー)」と、手嶌葵さんへ提供した曲のセルフカバー「虹」。
「sailor」は、伸びやかで、けどどこか静謐な雰囲気を持った、不思議な一曲だったと思います。収録が楽しみ!
新居さんの歌唱はもちろん、ピアノ、保刈さんのギターに弥生さんのアドリブもとても素晴らしかったです。
収録するときにも弥生さんに参加してほしいな。
「虹」の方はさすがというかなんというか・・・手嶌さんVer.を聴いた時にも思っていましたが、やっぱり新居さんの作った曲だなー・・と。
曲世界が唯一無二なんですよね。
最後、神殿の外に虹がかかっていました。

名残惜しすぎますが、とうとう退場・・・
マイクを置いて、新居さんが「よいお年をー!」
は・・鼻血出そう。可愛すぎる・・・!

今年は本当にいろいろあって、前向きに考えつつも、やっぱりどこか不安な気持ちが胸の中に残っていました。
新居さんが「良いお年を」と言ってくれて、冗談抜きに、すごく勇気をもらいました。
行ってよかった・・・

ライブが終わって、半ば涙ぐみながらホールを出て物販コーナーへ。
「金なんか関係ねぇ!」とDVDを買いに走りましたが、なんと売り切れ・・
「じゃ、じゃあせめて弥生さんのCDを・・・」と、反対側のコーナーへ・・・並んでいると

物販担当のお兄さん 「えー、お並びお客様にお知らせいたします。柚楽弥生さんのCD「神殿の角」は品切れ、販売終了いたしましたー」

「・・・・皆考えていることは同じか」
唖然とした挙句、紅茶は飲まないしパーカーは入るサイズがないということで、しおりを買って帰りました・・・
いいもん、VHmartで買うもん!うわーん。

はー、天にも昇る気持ちってこんな感じなのでしょうか・・・上京してきて良かった!(えー

ただ、選曲に関して贅沢極まることを言わせてもらうと、「花かんむり」がなかったのが・・・(泣)
けれど、来年はGoddesが再始動するかもしれないと、かなり本格的に準備がなされているみたいなので、もの凄く楽しみです!
それと、これは妄想ですが、フルメンバーに弥生さんを加えて、そらの庭Ver.の「Reincarnation」を生で体感することができたならば、私はもう死んでもよかった・・・

この場を使って・・・
新居さん、ありがとうございました。
これからもマイペースで素晴らしい作品を作り続けてください。
来年の弥生さんとのGoddes、期待しております!
過去の未収録楽曲のサルベージ、切にお願いいたします!
そして、できれば来年もオリジナルアルバ(殴


本当に行けてよかった。来年もガンバろ!

スポンサーサイト
プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
クロサキといいます。以前はmorganeと名乗っておりました。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っています。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

鑑賞メーターや読書メーターもやっています。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。