スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レビュー

エヴァ新劇場版の主題歌について思うままに語ってみる。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の主題歌が宇多田ヒカルに決定したようです。

こちら

前作の「序」に引き続いての主題歌担当。
正直意外でした。なんとなく作品ごとに、別の歌手で来ると思っていたので・・・
主題歌に関しては、前回決定した時もちょっとした波乱を巻き起こしていましたが、今回も荒れているところは荒れているようです。
やはり高橋洋子さんに担当してもらいたいという意見が多いようで。

個人的に、前回の起用は結果的に正解であったと思うので、今回も別に異論はないのですが、(二人とも好きなアーティストではあるので)
主にネット上で見かける「なんで残酷な天使のテーゼじゃないんだ」「高橋さんに担当してもらいたい」「宇多田じゃ違和感がある」という気持ちも解らなくはないです。
「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」といった名曲たちのインパクトは、実際すごいものであったので。
高橋洋子さんの、歌唱力はもちろん、包み込むような・・・どこか母性を感じさせる声質も支持される理由であると思います。

けれど私は、新劇場版は、少なくとも「序」に関しては宇多田の「Beautiful World」で正解であったと思っています。
そう感じる理由は細かく言っていけば沢山あるのですが、とりあえず大きな理由を一つ挙げるとすれば。
前回の劇場版を見て、エンドロールで楽曲を聞いた時・・・「今」を感じたんですよね。抽象的な言い方になってしまいますが。「今」そこにある「エヴァ」を。

まんま引用的な説明文になってしまいますが、「序」はこれから公開されていく作品とは違い、TVシリーズの展開をほとんどなぞるような形で進行していく物語でしたが、あくまで過去の作品を「リメイク」したものではなく「リビルド=再構築」したものでした。
あくまでも「新しいもの」であり、そのまんまのダイジェスト版ではないことは、観た方が一番よくわかっていると思います。ストーリーだけで言っても、TVシリーズで終盤まで隠していたものを、ほとんど出してしまいましたからね。まさに「序」であったのでしょう。
端的に言い切ってしまいますが、あの作品のエンドロールで(もしくはOP・挿入歌でも)「残酷な天使のテーゼ」が流れていたらかなりの違和感があったと思います。庵野監督、及びスタッフ達がどう考えていたのかは定かではありませんが。
残酷な天使のテーゼではなくほかの楽曲でも、やはり宇多田の「Beautiful World」が作品にマッチしていたと思えてならないのです。
それはなぜかというと、宇多田が良い仕事をした。というのもありますし、やはり「新劇場版のエヴァ」が進化していたから。「残酷な天使のテーゼ」がいかに名曲であってもやはりそれはTVシリーズの主題歌だから。歌い手がどうこうという問題ではなくそう感じてしまったんですよね。

高橋洋子さんが実際に担当していたわけではないので、比較はできませんし、「高橋さんよりも宇多田の方が良い」と言い切るつもりもありませんが、やはり「Beautiful World」は「序」に合っていた。
個人的にはそう思います。
ただ、これからは解りません。まあ二つ担当しちゃったんだから統一性を考えても全作宇多田が担当するのも良いとは思いますが、これからの劇場版で高橋洋子さんが主題歌を担当するとなったら個人的にも嬉しいものがあります。
まあとにかく、過去に劣らない作品や楽曲をこれからに期待したいものです。


・・・・・こんだけ長ったらしく書いといて申し訳ないのですが、実は私はそれほど熱心なエヴァファンというわけではないんです。いまさらながらに気が引けるのですが・・・
上の文章は偽らざる本音ですが、ぶっちゃけた話、作品にマッチした良い楽曲なら誰でも何でもいいと思ってしまうあたり、やっぱりどれだけ長く見ていても、個人的には「エヴァ」に思い入れみたいなものはないのかな。
まあそれだけ、いつ観ても新鮮なアニメということなのでしょう。

しかしなんなんだこの乱文(^_^;)
思いつくままに書いてもいい文章は書けないと当たり前ながらに再確認。

なんにしても、一映画好き、アニメ好きとして、「新劇場版:破」楽しみです。

ちなみに宇多田が呼び捨てで、高橋洋子さんがさん付けになってしまってますが普段自分がこう呼んでしまっているというだけで、特に意味はありません。
スポンサーサイト
レビュー 宇多田ヒカル高橋洋子
NEXT≫
プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
以前はmorganeと名乗っていた惰弱。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っていたがそれさえおぼつかず、ついには脳内キャラと対話をはじめた三十路手前底辺。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

プロフィール2

Author:ペータくん
哀れな管理人の脳内で解離した別自我。
管理人のロジャー・ディーンなアイコンとは一線を画すモダンデザイン。 冷静な突っ込みを入れるが所詮は同一人物なので、その知的レベルもお里が知れているという悲しい存在。
しかし、時折管理人とは真逆の考えを言うこともあるので油断は禁物である。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
レビュー
月別アーカイブ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。