甘栗君新刊キター!

甘栗と金貨とエルム甘栗と金貨とエルム
(2006/09/26)
太田 忠司

商品詳細を見る


「甘栗と金貨とエルム」の続編発売決定!!
「新宿少年探偵団」などで有名な太田忠司さんの青春ミステリーです。
なーんて書いても、観てくださっている方には「意味不」だと思いますので、発売日までに前作のレビュー記事をあげたいと思います。

甘栗と戦車とシロノワール甘栗と戦車とシロノワール
(2010/02/26)
太田 忠司

商品詳細を見る


それにしてもタイトルが面白いw
私、名古屋には小さい頃に行ったきりなのですが、「コメダ」のチェーン店でバイトをしていましたので「シロノワール」は知っています。というか、リアルに作っていましたw

名古屋いいなぁ。
イタスパとか、ころうどんとか食べてみたいなぁ。

駄目だ。私、浮かれ過ぎてる。はやくなんとかしないと・・・
人間て、ホントにちょっとしたことで幸せになれますよね。
エルムも出てきてほしいなぁ。

イラストも、またミギーさん手がけるらしいですし(ていうか当然ですが)月末に楽しみが出来ました。
早くこいこい!

追記
どうやら文庫版も出るみたいで・・・・
しかも、ミギーさんの書き下ろしだと・・・・!?
買うしかないじゃん!
うわーい!お金が飛んでいくー

スポンサーサイト

屍鬼、読了。

昨日になりますが、「屍鬼」を読み終わりました。

・・・・恐ろしかった。堪えようもないくらい悲しかった。

この作品を「傑作」と称するのは個人的には抵抗がある。
いや、傑作だとは思う。「名作」でも「衝撃作」でもなんでも、どんな称賛の言葉さえも呑み込んでしまう力と深みを持つ作品だと思う。
けれども、いま自分の胸にある思いや感慨を既存の言葉ひとつで片付けてしまいたくない。片づけることはできない。

しばらくはこんな思いを引きずったまま、普段通りのサイクルで生活しなきゃならないのか・・・・勘弁してほしい



プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
クロサキといいます。以前はmorganeと名乗っておりました。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っています。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

鑑賞メーターや読書メーターもやっています。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード