FC2ブログ

ゼノブレ2への葛藤


※『ゼノブレイド』ファンの方は閲覧注意。不快に思う可能性大の記事です。

『ドラクエ11』の傑作ぶり、および現行ゲームハードの凄まじさに衝撃を受け、久々にゲーマー回帰しています。
で、先日、ついにswitchを手に入れました。
本当なら一刻も早くゼルダをプレイしたいところなんだけど、金欠のため来月まで見送り。

とりあえずは『ラスト・オブ・アス』をクリアしないと……これ、評判通り凄いゲームなんだけど、すごく疲れるんですよね。臨場感がありすぎて。
(『BOW』の前にSFC版の『トライフォース』もプレイし直したいと思っていたり)

そして、もうすぐ発売のコレ……



ご存知、傑作と名高い『ゼノブレイド』の続編です。年末の目玉の一つですね。
でも、実は管理人、世間的に絶賛されている一作目を冒頭で挫折していまして……

広大なフィールドと音楽は確かに良くて、戦闘システムの作り込みも興味深いもので、ゲームとしての質の高さはビンビンに伝わってきたんですけれども、いかんせんシナリオが……いや、正確に言うとキャラの台詞回しか。
なんていうでしょうね。一言で言うととにかく「クサイ」。
クサすぎて、管理人の中のギップルが20体以上ご臨終あそばしました。オープニングだけで。
(※注  ギップルとは、現在好評放送中の漫画原作アニメ『魔法陣グルグル』に出てくるキャラクターです)

いや「王道RPG」という評判と、キャッチーなキャラクターデザインで、ある程度の「クサさ」はわかっていたのですよ。むしろ自分もそれを求めてプレイしていました。
ただ、『ゼノブレイド』の世界観て、かなりハードなんですよね。端的に言って戦時中なわけですよ。人間と機械文明の。で、オープニングは戦場からはじまるわけです。

そして、その戦場でとある英雄キャラの言うセリフがこれ


″退かなきゃ死ぬが、退けば未来は掴めない。なら掴もうぜ、未来″


……

ギップリヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアァァァァァァ!!!!


すみません。顔が熱くなるより先に、サブイボが立ちました。

その後もさー……その戦場シークエンスが終わって何年後か時間が飛び、主人公のシュルクくんが登場するわけですけども、そのシーンも凄いんだ。

シュルクくんは少年ながらも街の研究員で、街外れの原っぱで使えそうな部品を物色しているんですけども、これがまあ独り言が多いこと。自分の行動や思ってることを逐一、一から十までプレイヤーに説明してくれるわけです。
その後間もなく登場する、友達で兄貴分のラインてキャラとのやり取りも、街にいるヒロインとの会話も、まあ~本当にあざとくて……

まあ百歩譲って、日常パートならそうゆう小っ恥ずかしいやり取りでも割り切れそうなんですけども、街が機械たちに襲撃されて住民がバンバンやられている最中も仲間同士背中くっつけ合ってクサいセリフの応酬をはじめたので、ちょっともう耐えられませんでした。

いや、短いプレイ時間の中でも、作り込み自体は深いんだろうな。とは思ったのですよ。キャラクター含め。街の住民たちの関係性がマッピングされるシステムとか、物語や世界への愛情がなければできないと思うし。

でもここもね……街の人に話しかけるとボイスであいさつしてくれるんですが、「ヨオヨオ!」って挨拶した青年が実際のセリフ(テキスト)だと「こんにちは、シュルク」とか言ってたりして、丁寧さを疑いたくなる箇所も多数。それと人々の関係性を深めるシステム名が「キズナ」って言うのもなぁ……つくづく、作り手のセンスについていけなかったです。

青臭くてもいい、あざとくてもいい。どっかで見たことある展開とやり取りばかりでもいい。それぐらいなら我慢できる。俺の大好きな『グランディア』や『LUNAR』のゲームアーツの作品だって、そう言う意味なら相当なもんだ。
さらに言えば自分は同監督の『ゼノギアス』だって通過済みなわけで、中二病だろうと構いやしない。
でも、それらに加えて説明臭いのには、もう我慢できなかった。聞いててイタいし、セリフとして不自然すぎるし、やっていてバカにされている気持ちになる。

あと、ある意味本編以上にびっくりしたのがネット上のレビュー。ほとんど誰も、説明台詞の過剰さやキャラ同士のやりとりのあざとさに言及していなんですよね。思わず時間かけて探しちゃったけど、結局Amazonでひとりだけだったかな?

こちら

なのになぜ、『2』に手を出そうとしているのかというと、PVを見てもらえればわかるとおりド直球のボーイミーツガールだからです。
ビッグタイトルのRPGでボーイミーツガールときたら、やらないわけにはいかないじゃありませんか、奥さん(知らねーよ)
それと、よりアニメっぽいツルンとしたキャラデザに変更されグラフィックも向上しているので、あのあざといセリフの数々も多少は馴染むかな。という淡い期待もあります。一作目の顔グラがバタ臭さがあざとい台詞のサムさに拍車をかけていたので……

さて、どうでるか

関連記事
レビュー

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
以前はmorganeと名乗っていた惰弱。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っています。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
レビュー
月別アーカイブ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード