FC2ブログ

おとうさんとぼく


father&sun

お家にあるおもちゃをねだる男の子。お父さんは頑なに「ダメ!」と撥ねつける。
いつもは元気な男の子も二度三度と言われるうちに泣き出してしまう。
やっとおもちゃを渡すお父さん、男の子は涙を流しながら笑顔を見せる。でもお父さん、まだとってもこわい顔をしてる。
こわい顔のまま、鏡の前にたつお父さん。なんと、しつけ用のムチを取り出して自分のお尻を叩き始めちゃった!
意固地になりすぎたのを反省していたんだね。

こどもをしつけようとするけれど、いつの間にか子供以上に遊びに夢中になってしまうお茶目な「おとうさん」。
やんちゃでいたずら好きだけど、ちょっと泣き虫な「ぼく」。
そんな二人の日常がほとんどコミカルに、ときにはファンタジックに優しく描かれたドイツの漫画作品。1934年12月に新聞で連載が開始された。
非常にシンプルな、しかしヨーロッパならではの味わい深い線。1~2ページの連作短編で、台詞もほとんどないから、本当の意味で読む人を選ばない。絶版になっているのが本当に惜しい名作だ。

どれも本当に味わい深いものばかりだけれど、個人的に特にお気に入りなのは、冒頭に書いた「反省」と、もう一編「プレゼントありがとう」。どちらも、泣きたくなるほどの愛おしさと優しさにあふれた名短編である。また、ほほえましいだけでなくシニカルな話も多い。二人が犬と遊んでいたら通行人が自分も犬と遊ぼうと川にステッキを投げると犬が全く反応しなくて、自分で泳いで取りに行くハメになった「知らないよ」。魚を獲ったものの捌くときになって男の子が泣き出してしまい元の川に放流したらあっという間にほかの魚に食べられてしまった「自然の法則」などなど。ほのぼの系なら、動物たちとクリスマスを過ごす「クリスマス・パーティ」もいい。

4コマで構成された「えもの」も忘れがたい。
森でウサギを発見した男の子は猟銃を持ったお父さんを手招きする――1コマ目。
お父さんがウサギを猟銃で上手いこと仕留めて男の子が喜ぶ――2コマ目。
けれど次の3コマ目では血を流して横たわっているウサギを見下ろしている二人になり、最後のコマでは二人は泣きながらウサギを持ち帰っていく。涙と血が同時に滴る画に何とも言えない気持ちになった。
いつもはいたずら好きな二人が見せる優しさが愛おしい(でも2巻ではわりと普通にギャグテイストで動物殺して食べたりしちゃっているけどもw まあ、当時のことを考えればしょうがないと思う)。

また岩波少年文庫版だと、一巻に収録されている上田真而子さんによるあとがきが素晴らしい。著者の人生に胸を打たれた。
ナチス政権下で愛国心と政権への嫌悪感で板挟みになりながら漫画を描き続けてきたプラウエンの抵抗の軌跡は伝記として語り継がれるべきだと思う。
獄中で自死した彼が妻のマリガルトに遺した「息子――クリスチアンを人間に育ててくれ」という言葉に込められた願いの重さと大切さを、私たちはこの「おとうさんとぼく」で楽しく実感し、美しく思い出すことができる。

騒々しくてお間抜けで、いつも楽しく、ときには涙を流して……「人間」への理想と愛情が込められた芸術として、これからもずっと語り継がれるべき作品である。

関連記事
レビュー ★★★★☆

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
以前はmorganeと名乗っていた惰弱。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っています。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
レビュー
月別アーカイブ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード