FC2ブログ

お嬢さん


E3808EE3818AE5ACA2E38195E38293E3808FE3839DE382B9E382BFE383BCE38393E382B8E383A5E382A2E383AB.jpg


ものすごく期待していて、実際ものすごく良かったんだけれど、まさかこんなにも熱い涙を流してしまうことになるとは思わなんだ。

以下、ネタバレしています。
今作、ミステリーとしてもよくできているので未視聴の方は興を削がれてしまう可能性大です。ご注意ください。
とりあえず、予告編だけでも見て損はないです。そんで、すこしでも面白そうだと思ったらすぐに観ましょう。後悔はさせません。






あらすじ:
1930年代、日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた少女スッキは、藤原伯爵と呼ばれる詐欺師から、ある計画を持ちかけられる。それは、莫大な財産の相続権を持つ令嬢・秀子を誘惑して結婚した後、精神病院に入れて財産を奪い取ろうというものだった。計画に加担することにしたスッキは、人里離れた土地に建つ屋敷で、日本文化に傾倒した支配的な叔父の上月と暮らす秀子のもとで、珠子という名のメイドとして働きはじめる。しかし、献身的なスッキに秀子が少しずつ心を開くようになり、スッキもまた、だます相手のはずの秀子に心惹かれていき……。(映画.comより)

三幕構成である今作。
第一幕はスッキの視点で語られるのだが、なんと最後、実は秀子は藤原伯爵と共謀していて、スッキこそが騙されていたのだ。というオチがつく。
続けて始まる第二幕では秀子に視点が変わり、彼女がいかに虐げられ囚われてきたのか。ということが、めくるめく変態地獄映像によって語られる。上月家を抜け出すことは彼女にとって死活問題だった。

ここで注目したいのは、スッキと秀子、どちらが騙されていたにしろ、最も深刻な被害を被るのはどのみち女である。という点だ。
上月による支配か、藤原の掌のうえか……スッキも秀子も、男たちのパワーゲームの添え物として振り回される存在でしかない。
さらに言えば、スッキの貧困、秀子が受ける性的な虐待――直接的、間接的な違いがあるにせよ、どちらも元を辿れば男性社会がもたらしたものではないのか?
愚かな男たちが作り上げたシステムの中で、女たちは虐げられ続ける……とても悲しく許しがたいが、現代日本でもこの問題は払拭されていない。

――しかし、二幕の途中で、さらなるどんでん返しが用意されている。
スッキと秀子は、本当に心の底から愛し合っていた。ということが次々と示されていくのだ。
ついには、実は二人が結託していたことが明かされ、第三幕からは自分たちを陥れようとした男どもに逆襲に転じていくという展開に。
……オイオイオイ、この映画ってこんなに痛快な話だったのか!最高だ!

今作の何が良いって、女同士の関係がセクシャルのものも含め、とても「熱い」ものとして描かれていること。
二人がセックス中に行った、あの握手の力強さと美しさ!
恋人であり同志でもある二人の熱い絆を示す、最高に感動的な名シーンだ。
ストーリー的に言うなら、あの時点ではまだ完全に和解していたわけではないのだけど、二人の愛と絆は決して偽物ではないのだ。上月と藤原がどちらも「偽物」であるのと対照的に――この辺りも、作品として本当によく出来ている。

しかも二幕目終盤には、さらに感動的なシーンがある。
上月の書庫を二人がズタズタにしていくシークエンス……自分、ここで泣いた。
世界中のあらゆる稀覯本(ほぼ全部エロ本)が収められている上月の書庫。それらはしかし、優れた芸術であるのと同時に、男が女を『性』の慰みものとして対象化し虐げてきた歴史の集積であり、また象徴でもある。
愛する人を虐げられた怒りに「お嬢さんを傷つけやがって、この変態野郎どもが!」と、それらの作品をズタズタに切り刻むスッキと、それに応えてズタズタにした上から水とインクでさらにグチャグチャにしてしまう秀子の姿に、いつしか熱い涙が頬を伝っていた。
「わたしの人生を壊しに来た救世主」
愛と絆で、自分たちを搾取する腐った歴史と社会の構造をブッ壊し、自由を掴む物語……これが泣かずにおれようか。

今作、これも素晴らしいな。と思うのは、女性解放を物語の背骨としている一方で「男の矜持」も鮮やかに描いていること。
藤原伯爵は詐欺師でしかもスッキを破滅させようとしたクズ野郎なのだが、彼が秀子のことを愛していた気持ちはおそらく嘘じゃないし、秀子が解放されるきっかけを与えたことは事実。それに貧困に虐げられてきた。という点では、彼も社会の犠牲者とも言える。
結果的に彼は、スッキと秀子に裏をかかれ、上月から拷問されて死んでいくわけだが、自業自得とは言え、そんな悲惨な状況になっても秀子たちへの恨み言ひとつ言わず、逆に彼女がこれ以上上月に性的に搾取されることを拒み、上月を道連れにして死んでいく。
「死ぬ前にチンポを守れて良かった… 」
これ、笑っちゃうんだけど、彼なりに男の矜持を守り通したんだ。ということを示す名台詞だと思う。
藤原伯爵、アンタ、最後はカッコよかったよ。
(できれば上月はもっと苦しんで死んで欲しかったというのが本音ですが。あと、あの女中頭も)

そして映画は、スッキと秀子の幸せそうなセックスシーンでその幕を閉じる。
ここで、幼い頃の秀子を折檻するのに使われていた鈴をプレイの道具として使っているのもいい。
男が女を『性』の対象として扱い消費していくことが許せなくとも、女が自分の意志で『性』の喜びを享受することに、ためらう必要などないのだから。

変態的に凝りに凝った美術で埋め尽くしつつ優れたミステリーでもあり、また、きわめて真っ当な熱い魂と絆が描かれている大傑作。
鈴木清順、江戸川乱歩、マルキ・ド・サドの世界観に『テルマ&ルイーズ』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などに見られる女たちの熱い戦いが巧みに融合しているという信じ難い作品だった。しかも先に書いたとおり、男の矜持も鮮やかに描いている。
未だ差別と争いが横行する醜い世界だけど、こういう映画が作られてしかも大ヒットしているのを見ると、人類ってちゃんと進化してるんだな。まだまだ捨てたもんじゃないな。と思う。

……まあでも、「登場人物の誰が一番自分と似てる?」と聞かれたら、管理人は間違いなく上月なんですけどね……オタクと変態は日陰者で生きていきましょう。

あ、ないとは思うけど、もし日本でリメイクされる場合、上月役は京極夏彦先生がいいと思います。普段着でイケるよ、あの人。
関連記事
レビュー ★★★★☆

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
以前はmorganeと名乗っていた惰弱。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っています。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
レビュー
月別アーカイブ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード