FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レビュー

尾かしら付き。

無題


ここ数年、クリスマスといえば、当日に「そういや今日だっけ」と思い出してチョコケーキ買って夜1人で家で食うぐらいで、クリスマスプレゼントなんてとんとご無沙汰ですが(甥っ子が2人生まれたので、これからは良くも悪くも意識せざるを得ないだろうけども)、先日クリスマスに買ったこの漫画がたいへんお気に入りになりまして、個人的には最高のプレゼントとなりました。
まあ、セルフなんですけども、佐原ミズ先生に感謝と言うことで。

……なーんてことを、先日クリスマス(購入日翌日)に書いていたんですが、もう30日ですよ。
っていうか、10か月ぶりの更新っすね。

〇陽の光、アサガオ
主人公は女子中学生の那智ちゃん。ソフトボールで屋外練習をしているのに、一人だけちっとも日に焼けないのが悩み。
「肌を黒くしたい」というよりは、周りから浮いてしまっていることにもどかしい気持ちを抱いている。かつ、人気の男子からの告白を断ったことで「那智 変」と言われてしまって、ますます悩ましい気持ちに。
そんななか目についたのが同じ学年の宇津見くん。倒れた植木鉢を人知れず直していたのを見て、好印象を抱いて話しかける。すこし距離を縮める2人だけども、あることがきっかけで宇津見くんの秘密を知ってしまう。宇津見くんには尻尾が生えていたのだ。

那智ちゃんが宇津見くんの尻尾を見つけるシークエンスの中に、陽の光がとてもきれいに差し込んでいるコマがある。単なる「間」にしては印象的だな、と思ったけれども、おそらくこれは、那智ちゃんの抱えている悩みと対照をなしているんだと思う。
「みんなといっしょになりたい」と願って陽を浴びていた那智ちゃんだけど、陽にさらされた宇津見くんの身体には、他者とは決定的に違うものがあった。
(こういった点でみると宇津見くんの名前が「快成」なのも、意味深く思える。漢字違うけど)

〇2人 
宇津見くんの尻尾を見て思わず悲鳴を上げ、逃げてしまい、「怖い」と感じる那智ちゃん。けれどお姉ちゃんとのやりとりの中で「日本人は人に合わせて生きることが得意だし楽。だから周囲との違いに恐怖を感じたり、変化をなかなか受け止められなかったりする」と言う言葉を聞いて、こう聞き返す。「どうしたら怖くなくなる?」
お姉ちゃんはこう返す「那智はどうしてほしい? 日焼けできない体質を皆に理解して欲しい?」
そして那智ちゃんはこう言う「私は、私をちゃんと知ってほしい……」。

次の日、那智ちゃんは宇津見くんを待ち伏せて公園で昨日の事を謝る。もう一度見せてもらった尻尾はブタの尻尾みたいで可愛いと思った。
「私、宇津見くんの尻尾……好き」
このとき、2人はすべり台の上に座っている。周囲から浮いている2人の、2人だけの、ささやかな空間。
アウトサイダー同士のラブストーリーが好きな自分としてはたまらない画でした。
自分、スピッツの『ロビンソン』の中の「誰も触れない 二人だけの国」というフレーズが大好きなので、それを思い出して更にグッときたり。
とはいえ、いっぽうに梯子、もういっぽうにすべり出しがあることを考えると、後の展開を示唆していた気もする。

〇「変」
今作のテーマは「偏見」だと思う。
主人公の那智ちゃんは疎外感を抱いてはいるけれど、友達もいて、家族も健在(家庭の事情はちょっと複雑っぽいけど)。「普通」の子に見える。それでも、周囲の無理解や決めつけなど、集団やコミュニティの圧力を感じて悩んでいる。
いっぽうの宇津見くんは、そういった圧力をより直接的に受け、より鮮明に目にしてきた。
そんな「はぐれ者」の部分が通じたからこそ、2人は親しくなれた。那智ちゃんに投げつけられた「変」という同じ言葉も、宇津見くんが言えばポジティブな意味に変化する。
けれども、周囲の圧力にうんざりしている2人でも、そこから完全に距離を置くことはできない。そのせいで、その他大勢の周囲だけでなく、当人同士でも傷つけあってしまう。
「解らないこと」を恐れ忌避するのは人間の本能。だからこそ「知ってほしい」「知りたい」という気持ちがきっかけになるし、逆に、それをやめれば(「理解することを諦めたら」)偏見は肥大していく。
後半、宇津見くんの秘密が学校中に知られたとき、なんとか留まろうとする宇津見くんとお父さん。しかし事なかれ主義を貫こうとする校長先生に、お父さんは「頭を下げつつ個人の権利を奪うのですね。教育者とは思えませんな」と業を煮やす。
その言葉に自尊心を傷つけられた女性教員がこう言う。
「あなたこそ、理想論ばかりで現実が見えていないのでは? そんなにご子息を見せ者にしたいのですか?」「だってそうでしょう?好奇の目を向ける人はいても、受け入れてくれる人がいるとは思えません」
典型的な、自己肯定もしくは現状維持のための「現実」主義。
まずはそれらしく「合理的」な結論に飛びついて、自分が「物わかりのいい賢い人間」であると認識する。そしてそのことに酔い、時にはすがりつくことで、楽な道を選択する。
こういった価値観の持ち主は狭い意味での弱肉強食論で動いているので、救うのに「非効率」な手間のかかる弱者を進んで救うこともなければ、弱者の立場を思ったり学んだりして自らの偏見を矯正する気もない。
(余談ですが、自分はこういった人たちのことを「自称・現実主義者」「エセリアリスト」と呼んでいます)。
もちろん「知る」ことには常に障害がつきまとう。本作でも那智ちゃんが「もう、ふんだりけったりはイヤだな」「そこまでして私、宇津見くんこと知りたいのかな」と悩むシーンもある。
だからこそ川島くんがしたように、周囲の後押しやアシストが必要なのだと思う。
傷つくことはつらいけれども、そのぶん人は優しくなれる。迫害を繰り返し受けてきた宇津見くんは、シニカルな面もあるけれども、他人を思いやれる優しい子に育った(もちろん『フランケンシュタイン』の怪物のような悲劇につながってしまうこともあるだろうけれども)。

○宇津見家
まだ謎が多い部分なので言及は憚られるけれども、両親には言いたいことあるぞ。
お母さんの立てる騒音に苦情を入れに来ているおばちゃん。キツすぎるというか、言動として不適切なきらいはあるけれども、彼女の言っていることは間違っていない。
だからこそ、宇津見くん(快成くん)は謝ることしかできない。そして、こういったことが繰り返されてきたからこそ、宇津見くんは、お母さんへの疎ましさを那智ちゃんに吐露してしまったんだろう。
そんな中、お父さんが、苦情を入れられてしょぼくれているお母さんに対して「いいんだよ」と言わんばかりの表情で慰めているのを見ると、モヤッとした気持ちになる。
風邪で表に出られないのはしょうがないけど、息子を矢面に立たせといてそりゃねーだろ、父ちゃん。
たぶんだけど、お母さんって、少なくても宇津見くんが生まれてからは、日本で暮らしているわけだよね。つまり十四年間は。
そんだけ現地で暮らしてて、いまだカタコトの日本語しか喋れてないって、お母さん、ちょっと甘やかされているんじゃないか?
いや、自分も日本語しか喋れないから、偉そうに言えることではないんだけどさ。でも「騒音を立てるな」って、家族にも何度も言われているっぽいのに、部屋で繰り返し踊っているのはなんなんだろう? 「お父さんの病気を治さなきゃ」という善意と義務感は解るけど、学習能力が足りてないんじゃないのか? 
いや、お父さんもお母さんも「良い人」であるのは間違いないと思う。もしかしたら後々明かされる事情があるのかもしれない。でも、少なくとも今の時点では、宇津見くんが辛い気持ちを抱えているのは、周りのせいだけじゃないと思った。

〇ボール 
ソフトボールとサッカー。ボールのやり取りを通して、二人の絆は深まっていく。那智ちゃんがグローブに、尻尾のマークを描いたのが更に象徴的だ。

〇バランス 
差別や偏見といった重いテーマと、中学生の初々しい恋愛といった要素が、うまく溶け込んでいるのが素晴らしい。
これは描写もそうだけど、プロットの立て方も大きいと思う。
那智ちゃんが宇津見くんに告白したところで、2話目が終了する。普通の漫画だったら、そこからしばらくは「宇津見くん、良い返事くれるかな」といった色恋事の描写がエピソードの中心になると思うのだけど、この漫画だと、告白の直後に、那智ちゃんの部活の悩みを割り込ませて、その2つは絡めて語られる。
「恋愛」が独立しておらず、アイデンティティーの問題と同列に語られているからこそ、軽薄になっていないのだと思う。
愚痴で申し訳ないんですが、最近の日本の漫画やアニメって、こういうバランス感覚をもっているジャンルものが少なくて、好きになれる作品があまりない。
また「恋愛」に関して付け加えると、プラトニックな雰囲気で進めながら、時折生々しい台詞(「男の欲を満たすため」「あー、触りてぇ」)をちゃんと入れているのも、風通しが良くて自分の好みでした。

〇タイトル 
たぶん、「尻っぽ」から頭まで、丸ごとその人を受け入れること、そしてその慶びを表しているんだと思う。更に言うなら、二人の子供が生まれた事も指し示しているのかもしれない。


冒頭3話と最新話が無料で読めるので、ぜひ。
https://www.tatan.jp/lib/top.php?id=129

ってなわけで、よいお年を~




スポンサーサイト
レビュー

第90回アカデミー賞

クロサキ  : デル・トロがアカデミー賞にて監督賞・作品賞をダブル受賞!めでたい!!
ペータくん :この勢いに乗って『狂気の山脈にて』の企画が再スタートするといいですね。

クロサキ  : プラス、『ヘル・ボーイ3』にもワンチャンがあれば最高なんだけど。
ペータくん : しかし『スリー・ビルボード』が作品賞のみならず、脚本賞も逃してしまうとは……

クロサキ  : 個人的にはどちらも大好きな作品だから、ちょっと気の毒だった。脚本賞は獲るべきだったと思う。
ペータくん : 良くも悪くもあざといところが敬遠されたのでしょうか?

クロサキ  : 『ゲット・アウト』は確かに素晴らしい作品だけど、あの作品のフレッシュさって、演出と演技のおかげだと思うんだよね。とはいえ、ホラーファンとしては嬉しい結果ではあるけども。
ペータくん :『シェイプ・オブ・ウォーター』へのモヤモヤはまだ残ってるんですか?

クロサキ  : だいぶ薄らいだかな。あの猫たちは「飼われていた」というより「居ついていた」と考えれば、ジャイルズの反応もまあ許容範囲かなと。しかし、俺が言うのもなんだけど、みんな猫のことは心配するのに、あの守衛さんには言及しないよね(笑)
ペータくん : 気の毒でしたが、良くも悪くもとばっちりで、イライザ達との関係性は薄かったですからね。物語においても現実においても、人間の生物への思い入れなんてそんなものじゃないんでしょうか。

クロサキ  : 一言だけだけど台詞で補完もあるしね。気の毒と言えば、最後のスピーチ、J・マイルズ・デイルがかわいそうだった。
ペータくん : 『シェイプ・オブ・ウォーター』のプロデューサーですね。

クロサキ  : ああいうの、他人事と思えない。
ペータくん : 日本人では辻一弘さんが受賞。これもめでたいですね。

クロサキ  : レッドカーペットでの朴訥な喋りが良かった。まさに職人さんて感じ。とはいえ、チャーチル役にゲイリー・オールドマンをキャスティングした人がそもそも凄いと思う。色んな意味で。だって全然似てないじゃん!
ペータくん : 今年のノミネート作はバラエティに富んでいる印象。

クロサキ  : どの作品も面白そうだしね。『ダンケルク』はつまんなかったけど。
ペータくん : 監督の意図がこれ以上ないほど実現されている(ように見える)。という点では、ノーランの最高傑作だとも感じましたけどね。

クロサキ  : まあ、それは別の機会に。 レビュー

シェイプ・オブ・ウォーター

1k4.jpg

原題:The Shape of Water
製作年:2017年
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画
上映時間:124分
映倫区分:R15+
監督:ギレルモ・デル・トロ
製作:ギレルモ・デル・トロ、J・マイルズ・デイル
原案:ギレルモ・デル・トロ
脚本:ギレルモ・デル・トロ、バネッサ・テイラー
撮影:ダン・ローストセン
美術:ポール・オースタベリー
衣装:ルイス・セケイラ
編集:シドニー・ウォリンスキー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
視覚効果監修:デニス・ベラルディ
出演:
イライザ / サリー・ホーキンス
半魚人 / ダグ・ジョーンズ
ジャイルズ / リチャード・ジェンキンス
ゼルダ / オクタヴィア・スペンサー
ホフステトラー博士 / マイケル・スタールバーグ
ストリックランド / マイケル・シャノン

あらすじ:
1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたという“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くように。幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。そんな矢先、イライザは“彼”が実験の犠牲になることを知る。(以上、映画.comより) レビュー ★★★★☆

RAW  少女のめざめ


8416272a46a6de52.jpg

原題:Grave
製作年:2016年
製作国:フランス・ベルギー合作
配給:パルコ
上映時間:98分
映倫区分:R15+
監督:ジュリア・デュクルノー
製作:ジャン・デ・フォレ、ジュリー・ガイエ、ナディア・トリンチェフ、ジャン=イブ・ルバン、カッサンドル・ワルノー
脚本:ジュリア・デュクルノー
撮影:ルーベン・インペンス
美術:ローリー・コールソン
衣装:エリーズ・アンション
編集:ジャン=クリストフ・ブージィ
音楽:ジム・ウィリアムズ
出演:
ジュスティーヌ / ガランス・マリリエール
アレックス / エラ・ルンプフ
アドリアン / ラバ・ナイト・ウフェラ
ジュスティーヌの父 / ローラン・リュカ
ジュスティーヌの母 / ジョアンナ・プレイス

あらすじ:
16歳の少女ジュスティーヌは、両親・姉と同じ獣医大学へ入学。出迎えに来てくれるはずの姉は来ず、ルームメイトは男、しかも新入生にはいじめスレスレの過激な歓迎会が待ち受けていた。戸惑うジュスティーヌだったが、姉のアレックスを見つけ、なんとか学校生活を乗り切ろうとする。しかし、ジュスティーヌにとって最大の難関は翌日にあった。新入生たちは試練としてウサギの生の腎臓を食べさせられることになっていたのだ。ベジタリアンとして育ってきたジュスティーヌはそれを拒否し、上級生である姉に助けを求めるが、他でもない姉の手によって無理矢理口に入れられてしまう。吐き気を催し、その夜には蕁麻疹に悶えるジュスティーヌだったが、同時に、自分の中に変化も感じ取る。「肉を食べたい……」肉の味に目覚めたジュスティーヌの欲望は、次第に学園を騒がすほどにエスカレートしていく……(スタッフ・キャスト情報は映画.comより) レビュー ★★★★☆

バーフバリ 王の凱旋


73903.jpg

原題
Baahubali 2: The Conclusion
製作年:2017年
製作国:インド
配給:ツイン
上映時間:141分
映倫区分:G
監督:S・S・ラージャマウリ
製作:ショーブ・ヤーララガッダプラサード・デービネーニ
原案:V・ビジャエーンドラ・プラサード
脚本:S・S・ラージャマウリ
撮影:K・K・センティル・クマール
美術:サブ・シリル
衣装:ラーマ・ラージャマウリプラシャーンティ・トリピルネーニ
編集:コータギリ・ベンカテーシュワラ・ラーウタミンラージュバンサン・タベロン
音楽:M・M・キーラバーニ
出演:
シヴドゥ/バーフバリ :プラバース
デーヴァセーナ :アヌシュカ・シェッティ
パラーラデーヴァ :ラーナー・ダッグバーティ
シヴァガミ :ラムヤ・クリシュナ
ビッジャラデーヴァ :ナーサル
カッタッパ :サティヤラージ
アヴァンティカ :タマンナー

あらすじ:
伝説の戦士バーフバリの壮絶な愛と復讐の物語を描いてインド映画史上歴代最高興収を達成し、日本でもロングランヒットを記録したアクション「バーフバリ 伝説誕生」の完結編となる第2作。蛮族カーラケーヤとの戦争に勝利してマヒシュマティ王国の王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、クンタラ王国の王女デーバセーナと恋に落ちる。しかし王位継承争いに敗れた従兄弟バラーラデーバは邪悪な策略で彼の王座を奪い、バーフバリだけでなく生まれたばかりの息子の命まで奪おうとする。25年後、自らが伝説の王バーフバリの息子であることを知った若者シブドゥは、マヘンドラ・バーフバリとして暴君バラーラデーバに戦いを挑む。監督・脚本のS・S・ラージャマウリや主演のプラバースをはじめ、前作のスタッフやキャストが再結集。(映画.comより) レビュー ★★★★
NEXT≫
プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
以前はmorganeと名乗っていた惰弱。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っていたがそれさえおぼつかず、ついには脳内キャラと対話をはじめた三十路手前底辺。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

プロフィール2

Author:ペータくん
哀れな管理人の脳内で解離した別自我。
管理人のロジャー・ディーンなアイコンとは一線を画すモダンデザイン。 冷静な突っ込みを入れるが所詮は同一人物なので、その知的レベルもお里が知れているという悲しい存在。
しかし、時折管理人とは真逆の考えを言うこともあるので油断は禁物である。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
レビュー
月別アーカイブ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。