FC2ブログ

天気の子

tennki.jpg

 魂を揺さぶられるような感動と、どうしても肌に合わない嫌悪感とで、もどかしい思い。

※終盤の展開に触れています。

レビュー

尾かしら付き。

無題


ここ数年、クリスマスといえば、当日に「そういや今日だっけ」と思い出してチョコケーキ買って夜1人で家で食うぐらいで、クリスマスプレゼントなんてとんとご無沙汰ですが(甥っ子が2人生まれたので、これからは良くも悪くも意識せざるを得ないだろうけども)、先日クリスマスに買ったこの漫画がたいへんお気に入りになりまして、個人的には最高のプレゼントとなりました。
まあ、セルフなんですけども、佐原ミズ先生に感謝と言うことで。

……なーんてことを、先日クリスマス(購入日翌日)に書いていたんですが、もう30日ですよ。
っていうか、10か月ぶりの更新っすね。

〇陽の光、アサガオ
主人公は女子中学生の那智ちゃん。ソフトボールで屋外練習をしているのに、一人だけちっとも日に焼けないのが悩み。
「肌を黒くしたい」というよりは、周りから浮いてしまっていることにもどかしい気持ちを抱いている。かつ、人気の男子からの告白を断ったことで「那智 変」と言われてしまって、ますます悩ましい気持ちに。
そんななか目についたのが同じ学年の宇津見くん。倒れた植木鉢を人知れず直していたのを見て、好印象を抱いて話しかける。すこし距離を縮める2人だけども、あることがきっかけで宇津見くんの秘密を知ってしまう。宇津見くんには尻尾が生えていたのだ。

那智ちゃんが宇津見くんの尻尾を見つけるシークエンスの中に、陽の光がとてもきれいに差し込んでいるコマがある。単なる「間」にしては印象的だな、と思ったけれども、おそらくこれは、那智ちゃんの抱えている悩みと対照をなしているんだと思う。
「みんなといっしょになりたい」と願って陽を浴びていた那智ちゃんだけど、陽にさらされた宇津見くんの身体には、他者とは決定的に違うものがあった。
(こういった点でみると宇津見くんの名前が「快成」なのも、意味深く思える。漢字違うけど)

〇2人 
宇津見くんの尻尾を見て思わず悲鳴を上げ、逃げてしまい、「怖い」と感じる那智ちゃん。けれどお姉ちゃんとのやりとりの中で「日本人は人に合わせて生きることが得意だし楽。だから周囲との違いに恐怖を感じたり、変化をなかなか受け止められなかったりする」と言う言葉を聞いて、こう聞き返す。「どうしたら怖くなくなる?」
お姉ちゃんはこう返す「那智はどうしてほしい? 日焼けできない体質を皆に理解して欲しい?」
そして那智ちゃんはこう言う「私は、私をちゃんと知ってほしい……」。

次の日、那智ちゃんは宇津見くんを待ち伏せて公園で昨日の事を謝る。もう一度見せてもらった尻尾はブタの尻尾みたいで可愛いと思った。
「私、宇津見くんの尻尾……好き」
このとき、2人はすべり台の上に座っている。周囲から浮いている2人の、2人だけの、ささやかな空間。
アウトサイダー同士のラブストーリーが好きな自分としてはたまらない画でした。
自分、スピッツの『ロビンソン』の中の「誰も触れない 二人だけの国」というフレーズが大好きなので、それを思い出して更にグッときたり。
とはいえ、いっぽうに梯子、もういっぽうにすべり出しがあることを考えると、後の展開を示唆していた気もする。

〇「変」
今作のテーマは「偏見」だと思う。
主人公の那智ちゃんは疎外感を抱いてはいるけれど、友達もいて、家族も健在(家庭の事情はちょっと複雑っぽいけど)。「普通」の子に見える。それでも、周囲の無理解や決めつけなど、集団やコミュニティの圧力を感じて悩んでいる。
いっぽうの宇津見くんは、そういった圧力をより直接的に受け、より鮮明に目にしてきた。
そんな「はぐれ者」の部分が通じたからこそ、2人は親しくなれた。那智ちゃんに投げつけられた「変」という同じ言葉も、宇津見くんが言えばポジティブな意味に変化する。
けれども、周囲の圧力にうんざりしている2人でも、そこから完全に距離を置くことはできない。そのせいで、その他大勢の周囲だけでなく、当人同士でも傷つけあってしまう。
「解らないこと」を恐れ忌避するのは人間の本能。だからこそ「知ってほしい」「知りたい」という気持ちがきっかけになるし、逆に、それをやめれば(「理解することを諦めたら」)偏見は肥大していく。
後半、宇津見くんの秘密が学校中に知られたとき、なんとか留まろうとする宇津見くんとお父さん。しかし事なかれ主義を貫こうとする校長先生に、お父さんは「頭を下げつつ個人の権利を奪うのですね。教育者とは思えませんな」と業を煮やす。
その言葉に自尊心を傷つけられた女性教員がこう言う。
「あなたこそ、理想論ばかりで現実が見えていないのでは? そんなにご子息を見せ者にしたいのですか?」「だってそうでしょう?好奇の目を向ける人はいても、受け入れてくれる人がいるとは思えません」
典型的な、自己肯定もしくは現状維持のための「現実」主義。
まずはそれらしく「合理的」な結論に飛びついて、自分が「物わかりのいい賢い人間」であると認識する。そしてそのことに酔い、時にはすがりつくことで、楽な道を選択する。
こういった価値観の持ち主は狭い意味での弱肉強食論で動いているので、救うのに「非効率」な手間のかかる弱者を進んで救うこともなければ、弱者の立場を思ったり学んだりして自らの偏見を矯正する気もない。
(余談ですが、自分はこういった人たちのことを「自称・現実主義者」「エセリアリスト」と呼んでいます)。
もちろん「知る」ことには常に障害がつきまとう。本作でも那智ちゃんが「もう、ふんだりけったりはイヤだな」「そこまでして私、宇津見くんこと知りたいのかな」と悩むシーンもある。
だからこそ川島くんがしたように、周囲の後押しやアシストが必要なのだと思う。
傷つくことはつらいけれども、そのぶん人は優しくなれる。迫害を繰り返し受けてきた宇津見くんは、シニカルな面もあるけれども、他人を思いやれる優しい子に育った(もちろん『フランケンシュタイン』の怪物のような悲劇につながってしまうこともあるだろうけれども)。

○宇津見家
まだ謎が多い部分なので言及は憚られるけれども、両親には言いたいことあるぞ。
お母さんの立てる騒音に苦情を入れに来ているおばちゃん。キツすぎるというか、言動として不適切なきらいはあるけれども、彼女の言っていることは間違っていない。
だからこそ、宇津見くん(快成くん)は謝ることしかできない。そして、こういったことが繰り返されてきたからこそ、宇津見くんは、お母さんへの疎ましさを那智ちゃんに吐露してしまったんだろう。
そんな中、お父さんが、苦情を入れられてしょぼくれているお母さんに対して「いいんだよ」と言わんばかりの表情で慰めているのを見ると、モヤッとした気持ちになる。
風邪で表に出られないのはしょうがないけど、息子を矢面に立たせといてそりゃねーだろ、父ちゃん。
たぶんだけど、お母さんって、少なくても宇津見くんが生まれてからは、日本で暮らしているわけだよね。つまり十四年間は。
そんだけ現地で暮らしてて、いまだカタコトの日本語しか喋れてないって、お母さん、ちょっと甘やかされているんじゃないか?
いや、自分も日本語しか喋れないから、偉そうに言えることではないんだけどさ。でも「騒音を立てるな」って、家族にも何度も言われているっぽいのに、部屋で繰り返し踊っているのはなんなんだろう? 「お父さんの病気を治さなきゃ」という善意と義務感は解るけど、学習能力が足りてないんじゃないのか? 
いや、お父さんもお母さんも「良い人」であるのは間違いないと思う。もしかしたら後々明かされる事情があるのかもしれない。でも、少なくとも今の時点では、宇津見くんが辛い気持ちを抱えているのは、周りのせいだけじゃないと思った。

〇ボール 
ソフトボールとサッカー。ボールのやり取りを通して、二人の絆は深まっていく。那智ちゃんがグローブに、尻尾のマークを描いたのが更に象徴的だ。

〇バランス 
差別や偏見といった重いテーマと、中学生の初々しい恋愛といった要素が、うまく溶け込んでいるのが素晴らしい。
これは描写もそうだけど、プロットの立て方も大きいと思う。
那智ちゃんが宇津見くんに告白したところで、2話目が終了する。普通の漫画だったら、そこからしばらくは「宇津見くん、良い返事くれるかな」といった色恋事の描写がエピソードの中心になると思うのだけど、この漫画だと、告白の直後に、那智ちゃんの部活の悩みを割り込ませて、その2つは絡めて語られる。
「恋愛」が独立しておらず、アイデンティティーの問題と同列に語られているからこそ、軽薄になっていないのだと思う。
愚痴で申し訳ないんですが、最近の日本の漫画やアニメって、こういうバランス感覚をもっているジャンルものが少なくて、好きになれる作品があまりない。
また「恋愛」に関して付け加えると、プラトニックな雰囲気で進めながら、時折生々しい台詞(「男の欲を満たすため」「あー、触りてぇ」)をちゃんと入れているのも、風通しが良くて自分の好みでした。

〇タイトル 
たぶん、「尻っぽ」から頭まで、丸ごとその人を受け入れること、そしてその慶びを表しているんだと思う。更に言うなら、二人の子供が生まれた事も指し示しているのかもしれない。


冒頭3話と最新話が無料で読めるので、ぜひ。
https://www.tatan.jp/lib/top.php?id=129

ってなわけで、よいお年を~




レビュー

ゼノブレ2への葛藤


※『ゼノブレイド』ファンの方は閲覧注意。不快に思う可能性大の記事です。

『ドラクエ11』の傑作ぶり、および現行ゲームハードの凄まじさに衝撃を受け、久々にゲーマー回帰しています。
で、先日、ついにswitchを手に入れました。
本当なら一刻も早くゼルダをプレイしたいところなんだけど、金欠のため来月まで見送り。

とりあえずは『ラスト・オブ・アス』をクリアしないと……これ、評判通り凄いゲームなんだけど、すごく疲れるんですよね。臨場感がありすぎて。
(『BOW』の前にSFC版の『トライフォース』もプレイし直したいと思っていたり)

そして、もうすぐ発売のコレ……



ご存知、傑作と名高い『ゼノブレイド』の続編です。年末の目玉の一つですね。
でも、実は管理人、世間的に絶賛されている一作目を冒頭で挫折していまして……

広大なフィールドと音楽は確かに良くて、戦闘システムの作り込みも興味深いもので、ゲームとしての質の高さはビンビンに伝わってきたんですけれども、いかんせんシナリオが……いや、正確に言うとキャラの台詞回しか。
なんていうでしょうね。一言で言うととにかく「クサイ」。
クサすぎて、管理人の中のギップルが20体以上ご臨終あそばしました。オープニングだけで。
(※注  ギップルとは、現在好評放送中の漫画原作アニメ『魔法陣グルグル』に出てくるキャラクターです)

いや「王道RPG」という評判と、キャッチーなキャラクターデザインで、ある程度の「クサさ」はわかっていたのですよ。むしろ自分もそれを求めてプレイしていました。
ただ、『ゼノブレイド』の世界観て、かなりハードなんですよね。端的に言って戦時中なわけですよ。人間と機械文明の。で、オープニングは戦場からはじまるわけです。

そして、その戦場でとある英雄キャラの言うセリフがこれ


″退かなきゃ死ぬが、退けば未来は掴めない。なら掴もうぜ、未来″


……

ギップリヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアァァァァァァ!!!!


すみません。顔が熱くなるより先に、サブイボが立ちました。

その後もさー……その戦場シークエンスが終わって何年後か時間が飛び、主人公のシュルクくんが登場するわけですけども、そのシーンも凄いんだ。

シュルクくんは少年ながらも街の研究員で、街外れの原っぱで使えそうな部品を物色しているんですけども、これがまあ独り言が多いこと。自分の行動や思ってることを逐一、一から十までプレイヤーに説明してくれるわけです。
その後間もなく登場する、友達で兄貴分のラインてキャラとのやり取りも、街にいるヒロインとの会話も、まあ~本当にあざとくて……

まあ百歩譲って、日常パートならそうゆう小っ恥ずかしいやり取りでも割り切れそうなんですけども、街が機械たちに襲撃されて住民がバンバンやられている最中も仲間同士背中くっつけ合ってクサいセリフの応酬をはじめたので、ちょっともう耐えられませんでした。

いや、短いプレイ時間の中でも、作り込み自体は深いんだろうな。とは思ったのですよ。キャラクター含め。街の住民たちの関係性がマッピングされるシステムとか、物語や世界への愛情がなければできないと思うし。

でもここもね……街の人に話しかけるとボイスであいさつしてくれるんですが、「ヨオヨオ!」って挨拶した青年が実際のセリフ(テキスト)だと「こんにちは、シュルク」とか言ってたりして、丁寧さを疑いたくなる箇所も多数。それと人々の関係性を深めるシステム名が「キズナ」って言うのもなぁ……つくづく、作り手のセンスについていけなかったです。

青臭くてもいい、あざとくてもいい。どっかで見たことある展開とやり取りばかりでもいい。それぐらいなら我慢できる。俺の大好きな『グランディア』や『LUNAR』のゲームアーツの作品だって、そう言う意味なら相当なもんだ。
さらに言えば自分は同監督の『ゼノギアス』だって通過済みなわけで、中二病だろうと構いやしない。
でも、それらに加えて説明臭いのには、もう我慢できなかった。聞いててイタいし、セリフとして不自然すぎるし、やっていてバカにされている気持ちになる。

あと、ある意味本編以上にびっくりしたのがネット上のレビュー。ほとんど誰も、説明台詞の過剰さやキャラ同士のやりとりのあざとさに言及していなんですよね。思わず時間かけて探しちゃったけど、結局Amazonでひとりだけだったかな?

こちら

なのになぜ、『2』に手を出そうとしているのかというと、PVを見てもらえればわかるとおりド直球のボーイミーツガールだからです。
ビッグタイトルのRPGでボーイミーツガールときたら、やらないわけにはいかないじゃありませんか、奥さん(知らねーよ)
それと、よりアニメっぽいツルンとしたキャラデザに変更されグラフィックも向上しているので、あのあざといセリフの数々も多少は馴染むかな。という淡い期待もあります。一作目の顔グラがバタ臭さがあざとい台詞のサムさに拍車をかけていたので……

さて、どうでるか

レビュー

ブレードランナー


blade-runner-poster-1.jpg

2019年のロサンゼルス。環境は破壊され、人類は宇宙の植民地へ移住するか、人口過密の猥雑な高層ビルで生活するかを強いられていた。植民地開拓の最前線では遺伝子工学で作られた人造人間“レプリカント”が強制的に働かされており、地球へ脱走してくる事態が相次いでいる。その脱走をしてきたレプリカントを処理するのが“ブレードランナー”の仕事である。元ブレードランナーのリック・デッカードは職業から足を洗っていたが、馴染みの警視に依頼されたことにより、逃亡してきた最新型レプリカント“ネクサス6型”4体を追うことになる。しかし、その捜査の過程で出会った同じくネクサス6型のレプリカント、レイチェルと出会ったことでデッカードの運命は大きく変わり始める……

1982年に公開されたリドリー・スコット監督によるSF映画。公開時こそ興行・評価ともに恵まれなかったものの、その美術と世界観、謎が謎を呼ぶストーリーなどが次第に支持を集めてゆき、映画界のみならずあらゆる分野に革命をもたらした金字塔的作品である。

35年ぶりの続編が公開されるということで久しぶりに見返してみたが、前に観たときよりも数倍楽しめた。猥雑かつレトロフィットな未来のガジェットと、そこにはめ込まれたあらゆる時代の装飾と建築。時には毒々しいネオンで、時には絵画のように美しい黄金色の光で画面を彩るライティング。サイバーパンクな世界観と哲学的なテーマを支え、盛り立てる音楽。それぞれに違った魅力を放つ三人の美女。そして、人間として、生命としての在り方を時代を超えて指し示す、「堕天使」ロイ・バッティの最期……
また、自身の存在意義を揺るがされる瞬間を収められたヒロイン――レイチェルの存在も大きい。彼女がデッカードの部屋で髪をほどき、ピアノの前に座って物憂げな表情を見せるショットには、筆舌に尽くしがたい美しさが宿っている。

猥雑と幻惑の世界の根底に流れている力強く美しいメッセージに圧倒された。多作の中で何度も映画界に革命を起こしてきたリドリー・スコットだが、彼の作品の中でもベストフィルムの内の一本だろう。


レビュー ★★★★☆

世界残酷物語


81OV.jpg


保健所に連れ込まれるために無理やり引きずられている犬のショットから始まる。そこに下から上へ黄色い字幕が流れていく。いわく「これからご覧いただく映像は全て真実である。目を背けたくなるようなシーンがあったとしても、紛れもなくこの地球上で起きたことなのである

1962年にイタリアのジャーナリスト:グァルティエロ・ヤコペッティが放ったショックドキュメンタリー。世界中の残酷で野蛮な奇習・風俗を90分に圧縮して並べ立てる、彼の映画監督デビュー作である。数百頭の豚を村総出一日で撲殺するニューギニアの祭り、ヒヨコに生存率10%のペイント加工を施すローマの復活祭、グルカ族の牛の首切り祭などなど、ヤコペッティは未開の部族だけでなく自国を含めた文明国もカメラで捉え、見るに耐えない映像を連発する。

ヤラセ問題で糾弾し尽くされているだけに、今となってはキワモノ扱いされている本作だが、ヤコペッティの作家性とセンスには目を見張るものがある。未開の部族と文明国の風習を、その共通する要素でもって数珠つなぎに並べ(犬に関する一連のシークエンスは気まずさマックス)、そこに淡々としたナレーションを被せる。結局人間なんていう生き物は、どこにいても野蛮で残酷で滑稽なものなのだ。というヤコペッティのシニカルな姿勢と作りには知性が溢れている。

とはいえ、「シニカル」と書いたが、映し出される映像からはヤコペッティの命懸けの情熱もまた伝わってくる。徹底したロケーションから否が応にも伝わってくる大自然のダイナミズムとワイルドな美しさ、流麗かつ躍動的なリズ・オルトラーニの音楽の組み合わせには圧倒された。放射能により方向感覚を狂わされた海亀のシークエンスはその白眉である。ヤラセとして悪名高いシーンでもあるが、今となってはその作為性も含めて美しく、味わい深い。

文明国の奇祭が続く中盤の展開はタルいが、残虐シーンと同居しているこのユルさもまた、本作――ひいてはモンド映画の魅力だとも思う。賛否が別れるのも当然の作品だが、映画史に残る傑作だろう。
レビュー ★★★★☆
NEXT≫
プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
以前はmorganeと名乗っていた惰弱。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っています。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
レビュー
月別アーカイブ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード