FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レビュー

第90回アカデミー賞

クロサキ  : デル・トロがアカデミー賞にて監督賞・作品賞をダブル受賞!めでたい!!
ペータくん :この勢いに乗って『狂気の山脈にて』の企画が再スタートするといいですね。

クロサキ  : プラス、『ヘル・ボーイ3』にもワンチャンがあれば最高なんだけど。
ペータくん : しかし『スリー・ビルボード』が作品賞のみならず、脚本賞も逃してしまうとは……

クロサキ  : 個人的にはどちらも大好きな作品だから、ちょっと気の毒だった。脚本賞は獲るべきだったと思う。
ペータくん : 良くも悪くもあざといところが敬遠されたのでしょうか?

クロサキ  : 『ゲット・アウト』は確かに素晴らしい作品だけど、あの作品のフレッシュさって、演出と演技のおかげだと思うんだよね。とはいえ、ホラーファンとしては嬉しい結果ではあるけども。
ペータくん :『シェイプ・オブ・ウォーター』へのモヤモヤはまだ残ってるんですか?

クロサキ  : だいぶ薄らいだかな。あの猫たちは「飼われていた」というより「居ついていた」と考えれば、ジャイルズの反応もまあ許容範囲かなと。しかし、俺が言うのもなんだけど、みんな猫のことは心配するのに、あの守衛さんには言及しないよね(笑)
ペータくん : 気の毒でしたが、良くも悪くもとばっちりで、イライザ達との関係性は薄かったですからね。物語においても現実においても、人間の生物への思い入れなんてそんなものじゃないんでしょうか。

クロサキ  : 一言だけだけど台詞で補完もあるしね。気の毒と言えば、最後のスピーチ、J・マイルズ・デイルがかわいそうだった。
ペータくん : 『シェイプ・オブ・ウォーター』のプロデューサーですね。

クロサキ  : ああいうの、他人事と思えない。
ペータくん : 日本人では辻一弘さんが受賞。これもめでたいですね。

クロサキ  : レッドカーペットでの朴訥な喋りが良かった。まさに職人さんて感じ。とはいえ、チャーチル役にゲイリー・オールドマンをキャスティングした人がそもそも凄いと思う。色んな意味で。だって全然似てないじゃん!
ペータくん : 今年のノミネート作はバラエティに富んでいる印象。

クロサキ  : どの作品も面白そうだしね。『ダンケルク』はつまんなかったけど。
ペータくん : 監督の意図がこれ以上ないほど実現されている(ように見える)。という点では、ノーランの最高傑作だとも感じましたけどね。

クロサキ  : まあ、それは別の機会に。
スポンサーサイト
レビュー

シェイプ・オブ・ウォーター

1k4.jpg

原題:The Shape of Water
製作年:2017年
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画
上映時間:124分
映倫区分:R15+
監督:ギレルモ・デル・トロ
製作:ギレルモ・デル・トロ、J・マイルズ・デイル
原案:ギレルモ・デル・トロ
脚本:ギレルモ・デル・トロ、バネッサ・テイラー
撮影:ダン・ローストセン
美術:ポール・オースタベリー
衣装:ルイス・セケイラ
編集:シドニー・ウォリンスキー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
視覚効果監修:デニス・ベラルディ
出演:
イライザ / サリー・ホーキンス
半魚人 / ダグ・ジョーンズ
ジャイルズ / リチャード・ジェンキンス
ゼルダ / オクタヴィア・スペンサー
ホフステトラー博士 / マイケル・スタールバーグ
ストリックランド / マイケル・シャノン

あらすじ:
1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたという“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くように。幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。そんな矢先、イライザは“彼”が実験の犠牲になることを知る。(以上、映画.comより) レビュー ★★★★☆

RAW  少女のめざめ


8416272a46a6de52.jpg

原題:Grave
製作年:2016年
製作国:フランス・ベルギー合作
配給:パルコ
上映時間:98分
映倫区分:R15+
監督:ジュリア・デュクルノー
製作:ジャン・デ・フォレ、ジュリー・ガイエ、ナディア・トリンチェフ、ジャン=イブ・ルバン、カッサンドル・ワルノー
脚本:ジュリア・デュクルノー
撮影:ルーベン・インペンス
美術:ローリー・コールソン
衣装:エリーズ・アンション
編集:ジャン=クリストフ・ブージィ
音楽:ジム・ウィリアムズ
出演:
ジュスティーヌ / ガランス・マリリエール
アレックス / エラ・ルンプフ
アドリアン / ラバ・ナイト・ウフェラ
ジュスティーヌの父 / ローラン・リュカ
ジュスティーヌの母 / ジョアンナ・プレイス

あらすじ:
16歳の少女ジュスティーヌは、両親・姉と同じ獣医大学へ入学。出迎えに来てくれるはずの姉は来ず、ルームメイトは男、しかも新入生にはいじめスレスレの過激な歓迎会が待ち受けていた。戸惑うジュスティーヌだったが、姉のアレックスを見つけ、なんとか学校生活を乗り切ろうとする。しかし、ジュスティーヌにとって最大の難関は翌日にあった。新入生たちは試練としてウサギの生の腎臓を食べさせられることになっていたのだ。ベジタリアンとして育ってきたジュスティーヌはそれを拒否し、上級生である姉に助けを求めるが、他でもない姉の手によって無理矢理口に入れられてしまう。吐き気を催し、その夜には蕁麻疹に悶えるジュスティーヌだったが、同時に、自分の中に変化も感じ取る。「肉を食べたい……」肉の味に目覚めたジュスティーヌの欲望は、次第に学園を騒がすほどにエスカレートしていく……(スタッフ・キャスト情報は映画.comより) レビュー ★★★★☆

バーフバリ 王の凱旋


73903.jpg

原題
Baahubali 2: The Conclusion
製作年:2017年
製作国:インド
配給:ツイン
上映時間:141分
映倫区分:G
監督:S・S・ラージャマウリ
製作:ショーブ・ヤーララガッダプラサード・デービネーニ
原案:V・ビジャエーンドラ・プラサード
脚本:S・S・ラージャマウリ
撮影:K・K・センティル・クマール
美術:サブ・シリル
衣装:ラーマ・ラージャマウリプラシャーンティ・トリピルネーニ
編集:コータギリ・ベンカテーシュワラ・ラーウタミンラージュバンサン・タベロン
音楽:M・M・キーラバーニ
出演:
シヴドゥ/バーフバリ :プラバース
デーヴァセーナ :アヌシュカ・シェッティ
パラーラデーヴァ :ラーナー・ダッグバーティ
シヴァガミ :ラムヤ・クリシュナ
ビッジャラデーヴァ :ナーサル
カッタッパ :サティヤラージ
アヴァンティカ :タマンナー

あらすじ:
伝説の戦士バーフバリの壮絶な愛と復讐の物語を描いてインド映画史上歴代最高興収を達成し、日本でもロングランヒットを記録したアクション「バーフバリ 伝説誕生」の完結編となる第2作。蛮族カーラケーヤとの戦争に勝利してマヒシュマティ王国の王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、クンタラ王国の王女デーバセーナと恋に落ちる。しかし王位継承争いに敗れた従兄弟バラーラデーバは邪悪な策略で彼の王座を奪い、バーフバリだけでなく生まれたばかりの息子の命まで奪おうとする。25年後、自らが伝説の王バーフバリの息子であることを知った若者シブドゥは、マヘンドラ・バーフバリとして暴君バラーラデーバに戦いを挑む。監督・脚本のS・S・ラージャマウリや主演のプラバースをはじめ、前作のスタッフやキャストが再結集。(映画.comより) レビュー ★★★★

グダグダな近況

クロサキ  : やあやあ、どうもどうも。 
ペータくん : ……なんですか、コレ? 

クロサキ  : このブログ、今回からチャット形式になったんだよ。
ペータくん : 気でも狂ったんですか?

クロサキ  : それ、同じ形式でブログをやっている人に失礼だよ!
ペータくん : 他のブロガーさんたちは、何かを表現したりアピールしたりするための解りやすい形としてやっているんであって、ダラダラと自己満足を吐き出すなら普通に一人称で書くのでは。

クロサキ  : まあ、一種の瞑想みたいなもんだと思ってもらって
ペータくん : 迷走の間違いでしょ。

クロサキ  : そりゃいつまで続くかはわからないけどさ……まあ、そんなことばかり言っててもしょうがないんだよ!本題本題!
ペータくん : 本題って言ってもなぁ……まあいいや。今週はどうでした?

クロサキ  :相変わらず、映画観たり、ゲームしたり……
ペータくん : 進歩ないなぁ。あなた、あと二年半以内に長編小説仕上げるつもりなんでしょ?絵の勉強もするって言ってませんでしたっけ?

クロサキ  : どっちも始めてはいるんだよ!でもまあ、なんというか、人間根付いた性質はそうそう変わらないもんだよね。
ペータくん : ナマケモノなだけでも救い難いのに、それを開き直り始めてるんだから相当な末期ですね。自業自得でも困るのは自分だけって年でもないんだから、いい加減ちゃんとしなさいよ。

クロサキ  : すみません。ちゃんとします!明日から!
ペータくん : ダメだこりゃ。

クロサキ  : とりあえず部屋の掃除をするよ。この年になってやっと実感してるけど「部屋の乱れは心の乱れ」ってホントだね。メンドくさいけどさ。
ペータくん :平山夢明さんも「面倒くさいは狂いの始まり」って言ってましたし、ちゃんとしなきゃですね。


419XbiPAHNL__SX312_BO1,204,203,200_

クロサキ  : 今週劇場で観た映画2本はどっちもかなり面白かったよ。
ペータくん : 『バーフバリ 王の凱旋』と『RAW ~少女のめざめ~』。まあ、どっちも前評判が高いですからね。

クロサキ  : かたやエンターテイメントの、かたや食人映画の、それぞれ歴史に残る大傑作だったと思うよ。でも、個人的に刺さったのは圧倒的に『RAW』のほうだね。観てから数日経った今も、あの映画のことを考え続けてる……
ペータくん : まあ詳しい話は個別記事でグダグダやればいいでしょう。

クロサキ  : いま観たい映画が多すぎるんだよね。『パディントン2』と『悪女/AKUJO』は劇場で見ないと後悔しそう。
ペータくん : 悲しいかな。お金がないから当面はその2本だけですね。でも『パディントン2』はそろそろヤバいのでは?

クロサキ  : どこも遅い時間はやらなくなってきてる。上映あっても吹き替え版だったりして(シクシク)
ペータくん : 一作目も面白かったけど、それを遥かに超えてるって噂ですね。みなさん大絶賛。

クロサキ  : しかもヒュー・グラントが出てるんだよ。
ペータくん : いつの間にファンになったんですか?

クロサキ  : 一昨年の『マダム・フローレンス』での演技が素晴らしくって……活動休止を経て復帰してからのほうが、圧倒的に良い役者っているよね。 竹内結子とか。今回、ニコール・キッドマンが出てないのがちょっと残念だけど。あと、 『グレイテスト・ショーマン』も気になってるんだよなぁ……ヒュー・ジャックマン主演のフリークス・ミュージカル!!
ペータくん : コラコラ。でもフリークスといえば、一番の楽しみは来月の……

クロサキ  : 『シェイプ・オブ・ウォーター』!!自他共にギレルモ・デル・トロの最高傑作と称されているアカデミー賞大本命!!今年一番楽しみしている映画だよ!
ペータくん : 傑作には違いないだろうけど、期待値上げすぎないようにしないと。『スリー・ビルボード』とどっちが獲りますかね?

クロサキ  : 『スリー・ビルボード』は俺も大好きな映画だけど、応援したいのはやっぱデルトロ! 監督賞は固そうだね。
ペータくん : 監督賞の対抗馬は初ノミネートのノーランみたいですね。『ダンケルク』で。

クロサキ  : ノーランはヤだ!
ペータくん : 出ましたよ。ノーラン嫌い。

クロサキ  : 嫌いってほどじゃないけどさ……どれも面白いといえば面白いし『ダークナイト』は大傑作だし……でもデルトロが相手となれば、そりゃあデルトロを応援するよ。
ペータくん : っていうかあなた、『ダンケルク』観てないでしょ。
クロサキ  : 『インターステラー』もねw 一応どっちも期待してるよ。
ペータくん : 『インターステラー』なんて何年前の映画だと思ってるんですか。

クロサキ  : でもどうせ、小賢しい仕掛けがあるんだろうなぁ。
ペータくん : 別にいいでしょう。映像が凄くて上映中面白ければ。

クロサキ  : まあね。それと上映時間が短ければ……
ペータくん : ハイハイ。とはいえ日本からすると未公開の作品が多いから、映画ファンとはいえ、アカデミー賞って盛り上がり辛いのが難点ですね。

クロサキ  : ノミネート作、一通り観た感じ、どれも面白そうだけどね。『デトロイト』が入ってなかったのが気の毒だったなぁ。
ペータくん : まあ、ビグローの作風自体、毎回評価が割れるところですしね。デリケートな題材でもあるし。

クロサキ  : でも、暴動時のデトロイトを再現したあの臨場感はスゴかった……。撮影賞とか、技術賞に入ってないのはおかしいと思う。
ペータくん : と言っても、僕もあなたも専門知識があるわけじゃないですからね。まあ、クオリティの高さ自体は評価されてるでしょう。

クロサキ  : ラストシーンも素晴らしかった。教会で歌い上げるラリー・リードの横顔は今でも焼き付いてるよ。
ペータくん : 強烈なメッセージ性……なんか、思った以上に筆が乗ってますが、そろそろ切り上げて掃除したほうがいいのでは。

クロサキ  : あっ、そうだね。とりあえずさよなら!
ペータくん : はやっ! 次回、いきなり僕は消えているかもしれませんが。
レビュー
NEXT≫
プロフィール

クロサキ

Author:クロサキ
以前はmorganeと名乗っていた惰弱。
なんてこたーない自堕落な日常を綴っていたがそれさえおぼつかず、ついには脳内キャラと対話をはじめた三十路手前底辺。
どうぞお気軽に閲覧、コメントなど。

Relief with water
Amazonでのマイストア。ご来店お待ちしております。

プロフィール2

Author:ペータくん
哀れな管理人の脳内で解離した別自我。
管理人のロジャー・ディーンなアイコンとは一線を画すモダンデザイン。 冷静な突っ込みを入れるが所詮は同一人物なので、その知的レベルもお里が知れているという悲しい存在。
しかし、時折管理人とは真逆の考えを言うこともあるので油断は禁物である。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
レビュー
月別アーカイブ
FC2カウンター
つぶやき
リンク
検索フォーム
Amazon検索
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。